コンテンツです

ヤンマー、みちびき対応の農業用トラクターを発売

2016年04月01日

ヤンマー株式会社(本社・大阪市)は本日4月1日から、準天頂衛星「みちびき」対応のGPS受信機と通信機能を標準搭載し、リモートメンテナンスなどのサービスに対応する農業用トラクターを含む新機種「YT3」シリーズを発売します。

ヤンマー農業用トラクターYT-345(J)

同シリーズは、みちびき対応のGPS受信機と通信端末を標準搭載しており、位置情報付きで発信される稼働状況や、機器コンディションに関わる情報をもとに、盗難抑止見守りサービスや稼働率向上のための保守サービスを提供します。また、ランニングコストの低減や、効率的な農場管理につながるソリューションを提案する、同社の「スマートアシスト リモート」にも対応しています。

「スマートアシスト リモート」の仕組み

「スマートアシスト リモート」の仕組み(提供:ヤンマー株式会社)

その他の機能では、ロータリーの爪の配列や形状、カバーの形状などを見直すことで、土を掘り返す「反転性能」や、すき込み性能を向上させた上で、高付加価値の畑作物農家から要望の高かった、畝の仕上がり精度を大幅に改善。「波打ちや虫食いの少ない均平な仕上がりを実現」しています。

キャビン内観とカラーモニター

また、従来機に比べキャビン容積を10%アップさせたほか、エンジン負荷や車速などの制御・切替を行うカラーモニターを搭載し、長時間の作業でも疲れにくい快適な居住性と操作性を実現しています。

参照サイト

関連情報

※ヘッダ及び本文画像提供:ヤンマー株式会社