コンテンツです

コア、量産品で国産初のLEX信号対応受信機「LEXデコーダ」を発売

2015年08月27日

株式会社コアは、みちびき初号機の補強信号(LEX信号)対応受信機「LEXデコーダ」の発売を開始しました。LEX信号を受信し信号処理を行うことでセンチメータ級補正情報(MADOCA-PPP)を出力し、測位精度10cm以下の精密測位を可能とします。基礎技術から国内で研究開発した、量産品では国産初のLEX受信機となります。

LEXデコーダ(画像提供:株式会社コア)

LEXデコーダ(画像提供:株式会社コア)

市販の多周波アンテナ・受信機とLEXデコーダを組み合わせることで、衛星信号のみによる精密測位が可能となります。また、LEX信号の補正情報により、基準点情報を利用しない精密単独測位が可能になるため、従来必要だった携帯電話などの地上インフラが不要となり、通信料や情報利用料なしに精密測位を利用できます。

測位精度が飛躍的に向上することで、自動車、農機、建機などの自動運転や、津波などの災害検知が衛星測位情報のみで可能になります。これまで衛星測位のみによる応用が難しいとされていた新分野での応用が期待されます。

活用シーンの例(図版提供:株式会社コア)

活用シーンの例(図版提供:株式会社コア)

参照サイト

※ヘッダの画像はイメージです。