コンテンツです

GPSに対応したApple Watch Series 2、9月16日に発売

2016年09月08日

現地時間9月7日(日本時間9月8日未明)、アップル(Apple)はサンフランシスコで新製品発表イベントを開催し、9月16日に発売するスマートウォッチ「Apple Watch Series 2」がGPSに対応することを発表しました。Apple Watchは昨年4月に発売された同社初のスマートウォッチで、今回の「Series 2」はその1年半後に出される後継機となります。

Apple Watch Series 2

Apple Watch Series 2

ケースは、これまでのステンレススチール、アルミニウムに加え、セラミックが登場します。また、Nikeと提携したランナー向けの「Apple Watch Nike+」(10月下旬発売予定)、ファッションブランドのエルメス(Hermes)とコラボレーションした「Apple Watch Hermes」(9月下旬発売予定)も発表されました。

Apple Watch Nike+

Apple Watch Nike+

Apple Watch Hermes

Apple Watch Hermes

年内を目標に「ポケモンGO」にも対応予定

衛星測位の関連では、Apple Watch Series 2のGPS機能に対応したアプリケーションとして、ハイキングアプリ「Viewranger GPS」が紹介されました。ネット接続がなくても、単体でGPS機能を用いてマップや経路、地点の確認ができ、ランニング時にもルートの履歴を記録できるようになりました。

地図上にルートや現在位置が表示されるViewranger GPS

地図上にルートや現在位置が表示されるViewranger GPS

また、位置情報ゲームの「ポケモンGO」が年内を目標にApple Watch Seriese 2に対応することも発表されました。

水深50mの防水対応で水泳にも利用可

10月からSuicaが利用可能に

10月からSuicaが利用可能に

その他の新機能としては、水深50mまでの防水対応となり、水泳やサーフィンでの利用も可能となりました。また、決済システム「Apple Pay」へも対応します。日本発売モデルはFelica(=ソニーが開発した非接触ICカード技術方式)に対応しており、10月末にSuicaが利用可能になる予定です。

日本国内での価格は37,800円からで、9月9日から予約受付を開始します。

参照サイト

関連情報

※ヘッダ及び本文画像提供:Apple Inc., Augmentra Ltd.