コンテンツです

パイオニア、プローブカーから収集した「通行実績データ」を提供開始

2016年11月26日

測位機能と通信機能を併せ持つ車載端末から収集した「プローブ情報」(=自動車が走行した位置や車速などから生成される道路交通情報)を活用するサービスの一つとして、パイオニア株式会社は「車両通行実績データ」の提供を開始しました。

「通行実績データ」東京近辺サンプル画像

「通行実績データ」東京近辺サンプル画像

今年4月の熊本地震の際にも自動車メーカーや業界団体が、道路地図に重ねる形で車両の通行実績情報を提供し、物資輸送など救援活動に役立てましたが、今回、パイオニアが提供するのは、日本全国の道路の1時間ごとの通行実績データです。交通規制や渋滞状況を表示する地図サービスに重ねる形で利用が可能で、防災・減災や復旧・復興の目的ならば、災害時・平常時を問わず利用できるとしています。

災害時の「通行実績データ」活用イメージ

災害時の「通行実績データ」活用イメージ

実際のデータは、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)が運営する「G空間情報センター」や国際航業株式会社(予定)、NTT空間情報株式会社(予定)などから提供され、費用は年額50,000円となっています。

事故リスクを予測し、運転者に注意を促すシステムも

常時通信型IoTデバイス(イメージ)

常時通信型IoTデバイス(イメージ)

また同社はこのほか、GNSSとLTE通信機能を併せ持つ「常時通信型IoTデバイス」を使い、プローブ情報と連動させることで、事故リスクを予測して運転者に注意を促す予防安全のシステム「Intelligent Pilot」も手がけています。

「インテリジェントセーフティガイド」イメージ

「インテリジェントセーフティガイド」イメージ

「Intelligent Pilot」活用イメージ

既販売車に搭載可能な先進運転支援システム「Intelligent Pilot」活用イメージ

このシステムは、東京海上日動火災保険株式会社の個人向け自動車保険「ドライブエージェント パーソナル」に来春から提供される予定です。

参照サイト

関連情報

※ヘッダの画像は、イメージです。本文画像提供:パイオニア株式会社