コンテンツです

カシオ、オフライン使用可能なカラー地図搭載のみちびき対応ウォッチ発表

2017年01月12日

カシオ計算機株式会社は1月5日、アウトドア向けの腕時計型端末「Smart Outdoor Watch」の新製品として、低消費電力GPSとオフライン使用が可能なカラー地図を備えた「WSD-F20」を4月21日に発売すると発表しました。

カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色

「WSD-F20」は、5気圧の防水性と、米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)に準拠した堅牢な耐環境性能を備えたアウトドア向けの腕時計型端末で、OSにはAndroid Wear 2.0を採用しています。オフラインで使えるカラー地図機能を搭載しているため、携帯電話の電波の届かない山奥や、スマートフォンを持ち運べないウォータースポーツでも単独で使用できます。

衛星測位機能は、準天頂衛星みちびきとGPS、GLONASSに対応します。地図データはMapbox社の地図データを採用しており、使いたいエリアの地図を事前にダウンロードしておけば、スマートフォンを使わずに現在地を確認できます。衛星測位機能とオフライン地図の2つを組み合わせることで、アウトドアで役立つアプリを使用できます。

▽ロケーションメモリー

スポットにメモを残せる

スポットにメモを残せる(Mapbox/OpenStreetMap)

現在地の確認や行動軌跡の記録を行えるほか、山行時に見つけた美しい景観や釣りのスポットなどを音声入力でメモを残したり、マークを選択して記録したりできます。また、ナビゲーション機能やリマインド機能も備えています。地図デザインはさまざまな種類から選択可能で、好みや使用目的に応じて変更できます。

多彩な地図デザイン(Mapbox/OpenStreetMap)

▽アクティビティ

計測データをリアルタイム表示(Mapbox/OpenStreetMap)

アクティビティ中に計測したデータをリアルタイムに表示できます。アクティビティは、トレッキング、サイクリング、フィッシング、スノー、パドルなどが用意されています。たとえば「トレッキング」では地図上に行動軌跡を描き、「スノー」では1本の滑走ごとに軌跡や最高速度を表示するなど、アクティビティに応じて最適な情報を表示できます。

▽MOMENT SETTER

タイミングを通知

タイミングを通知

アクティビティ中に、トレッキングの休憩のタイミングやフィッシングの“釣れ時”、日の出・日の入など、あらかじめ設定した条件に基づいて必要な情報を通知します。

この他に、圧力センサーや方位センサー、加速度センサーなどさまざまなセンサーで計測した情報を表示する「ツールアプリ」として、コンパス、気圧・高度、日の出・日の入時刻、タイドグラフ、活動グラフなども用意しています。

さまざまな計測情報を表示

さまざまな計測情報を表示

また、スマートフォンと連携して、GPS情報で仲間の位置をカラー地図上に表示したり、テキストメッセージを交換したりできる位置情報コミュニケーションアプリ「CASIO MOMENT LINK」や、カシオ製デジタルカメラ「EXILIM Outdoor Recorder」をコントロールできる「EXILIM Controller」など、他のハードウェアと連携できるアプリも利用できます。さらに、トレッキング用GPSアプリやお天気アプリなど、衛星測位を使ったアプリを追加インストールすることもできます。

モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた2層構造

モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた2層構造(Mapbox/OpenStreetMap)

液晶画面は、モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた2層構造を採用しており、モノクロ液晶で時刻を常時表示し、カラー液晶で地図や計測情報、アプリを表示します。2つの液晶を使い分けることによって優れた視認性を実現すると共に、消費電力も抑制できます。本体カラーはオレンジとブラックの2色で、サイズは縦61.7mm×横57.7mm×厚さ15.3mm、重量は約92g。カシオ計算機では、このWSD-F20を同社のアウトドアギア「PRO TREK」の新シリーズ「PRO TREK Smart」と名付けて、アウトドア分野において総合的に訴求を図っていくとしています。

参照サイト

関連情報

※ヘッダ及び本文画像提供:カシオ計算機株式会社/Mapbox/OpenStreetMap