コンテンツです

古野電気、マルチGNSSによる受信チップ等の新商品を発表

2015年01月27日

古野電気株式会社は、1月14~16日に東京ビッグサイトで開かれた「第3回 コネクティッド・カー EXPO」に、性能を向上した新バージョンのマルチGNSSチップ・モジュールと、新たに開発したマルチGNSS基準周波数発生器を出展し、国内で初公開しました。

同展示会では、GPSに加え、みちびきや、GalileoのE1B/E1C信号の受信にも対応したマルチGNSS受信チップ2種類「eRideOPUS6」「eRideOPUS7」、そしてこれらのチップを用いた受信モジュール2種類「GN-86」「GN-87」が展示されました。

また、4月に発売予定の受信モジュール「GV-87」では、みちびき、GPS、GLONASS、SBAS(静止衛星型 衛星航法補強システム)に対応。マルチGNSSだけでなく、GPSやGNSSからの測位情報とジャイロセンサーや加速度センサーなどから取得した情報を合わせて演算処理を行うデッドレコニング(自律航法、Dead Reckoning)を組み合わせることで、高層ビル街などの過酷な測位環境でも高精度な位置情報を提供できるようになりました。

【関連情報】