コンテンツです

東京ビッグサイトで「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017」開催

2017年07月21日

東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で7月19~21日に、i-Constructionや防災・減災、気象・環境テクノロジーなど複数の展示会からなる総合展「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017」が開催されました。そこに出展されたGNSS関連の技術やシステムのいくつかを紹介します。

▽GNSS自動変位計測システム「DANA」

 ──── 古野電気株式会社

古野電気 長谷部雅孝氏

「センサー部は軽くて設置も容易で、太陽電池パネルの自立電源で動作します」(古野電気 長谷部雅孝氏)

GNSS自動変位計測システム「DANA」

GNSS自動変位計測システム「DANA」

GNSS自動変位計測システム「DANA」は、道路の切り通しなど法面(のりめん)のわずかな動きを、ミリメートルオーダーで常時計測・把握するシステムです。
「GNSS変位計測センサー」と「回線集約器」で構成され、前者がRTK法(Realtime Kinematic、固定点の補正データを移動局に送信してリアルタイムで 位置を測定する方法)でいうローバー(移動局)、後者がベースステーション(基地局)に相当します。

「GNSS変位計測センサー」は、受信したGNSSの信号(搬送波位相データ)を無線LAN経由で「回線集約器」に送り、「回線集約器」は自身の受信データも合わせ、3G回線またはイーサネット回線で、解析を行うPCに転送します。
受信チップには同社の「eRide OPUS 7」が使われており、「GPSに加えみちびきを利用することで、測位率が向上」とアピールしています。データ解析頻度は5分毎または1時間毎に設定でき、雨量計をオプションで装着することもできます。

 

▽対空標識「エアロボマーカー」

 ──── エアロセンス株式会社

エアロセンス 鈴木康輔氏

「マーカーのデザインは、クラウド側のAIが認識しやすいものを、いくつかの候補の中から選びました。赤黒の同心円形状は、自然界にはあまり存在しないはずです」(エアロセンス 鈴木康輔氏)

自律飛行ドローン用の対空標識となる「エアロボマーカー」

自律飛行ドローン用の対空標識となる「エアロボマーカー」

ドローンを使った産業用ソリューションビジネスを展開するエアロセンス株式会社は、自律飛行ドローン用の対空標識となる「エアロボマーカー」を展示しています。
バッテリー動作の「エアロボマーカー」には、みちびき、GPS、GLONASSに対応したマルチGNSS受信機が内蔵されており、測位衛星の信号(RAWデータ)を記録します。事前に標定点・検証点に設置し、空撮後に回収してマーカーに記録されたデータを吸い出します。これをクラウド側で後処理することで、RTK法と同等の精度でマーカーの位置情報が得られます。

同社は自動空撮から3Dモデルによる起工測量、出来高・出来形管理までの一連のワークフローを「エアロボ測量」と名付け、測量ソリューションとして展開していきたいとしています。

 

▽マッピングシステム「Pegasus:Backpack」

 ──── ライカ ジオシステムズ株式会社

ライカ ジオシステムズ 梶谷真代氏

「GNSS受信機は、屋外での測位だけでなくシステムの時刻同期にも使っています。タブレットを使えば、カメラ画像の確認・調整が歩きながらでも可能です」(ライカ ジオシステムズ 梶谷真代氏)

「Pegasus:Backpack」は、高精度の広角カメラ(5台)、レーザースキャナ(2台)、IMU、GNSS受信機などを統合した、重量約13kgのウェアラブル型マッピングシステムです。
カメラ画像とレーザースキャナによる点群データを同時取得する車載型システム「Pegasus:Two」の機能を、バックパックサイズに縮小したもので、車両が入れない歩道や屋内、地下などでもシームレスにデータを取得できます。

ウェアラブル型「Pegasus:Backpack」

ウェアラブル型「Pegasus:Backpack」

車載型「Pegasus:Two」

車載型「Pegasus:Two」

 

参照サイト