コンテンツです

インテックの統合位置情報プラットホーム「i-LOP」がサービスイン

2016年01月05日

富山市に本社がある株式会社インテックは、GPSやビーコンなどによる位置情報・測位情報を統合し、クラウド上で容易に扱える形で提供する「i-LOP(アイロップ)」サービスを昨日、1月4日から開始しました。

「i-LOP」の概要を示す図解

「i-LOP」概要図

このサービスは統合型位置情報提供プラットフォームと呼ばれるもので、GPS、Wi-Fi、非可聴音(音波)、BLE(Bluetooth Low Energy)など、複数の位置情報や測位システムからの情報を統合し、スマートフォンやウェブアプリケーションを通じ、ユーザーがシームレスに位置情報を利用できる基盤を提供するサービスです。

シームレス測位やマップ表示、プッシュ通知などに活用可能

「i-LOP」活用例

音響機器メーカーや大学の研究室と実証実験

同社は、業務用音響機器メーカーのTOA株式会社と共同し、業務用スピーカーを使った非可聴音を利用して、スマートフォンによる屋内の位置把握に関わる実証実験を実施してきました。また、立命館大学ユビキタス環境研究室(西尾信彦 教授)とは、同大学びわこ草津キャンパスをフィールドに、屋外位置表示の精度検証のための実験を行ってきました。西尾教授はこのサービスについて、「位置情報を活用したサービスのさまざまな展開が各方面から期待されている中、このような屋内外でシームレスに活用できるソリューションの登場はインパクトがある」とコメントしています。

実証実験で使った立命大キャンパスマップ

立命館大学のキャンパスマップを使った実証実験

今後は、新しい測位技術への対応など機能を拡充すると共に、IoT向け共通プラットフォーム、ビッグデータ分析サービス、ソーシャル情報などと連携して、より充実した加工・分析・予測サービスを提供していきたいとしています。

参照サイト

関連情報

※ヘッダ及び本文中の画像は、株式会社インテック提供