コンテンツです

測位衛星の配置が分かるアプリ「GNSS View」をVer.2.2にアップデート

2016年08月05日

7月28日、当サイトで提供しているWebアプリケーション「GNSS View」を2.2にバージョンアップしました。「GNSS View」は、公表されている測位衛星の軌道情報をもとに、任意の時間・任意の場所における衛星の天球上の配置(コンステレーション)を画面上に再現するソフトウェアで、2014年に最初のバージョンを公開し、現在は当サイトの「Web版」と、iOS/Androidの「アプリ版」があります。今回のバージョンアップでは、複数の新機能や改良を加えています。

Web版は、東西反転や衛星番号表示ON/OFFを追加

Web版の表示画面

まず「Web版」の変更点としては、衛星の表示領域の左上に「東西反転設定機能」を追加しました。これにより「上から見下ろした状態」と「下から見上げた状態」の両方向からの見え方を再現できます。また、表示衛星数が増えて各衛星が重なるため、衛星番号の表示ON/OFF機能を追加しました。

アプリ版も「Position Radar」の操作性を向上

アプリ版(Android)の「Position Radar」

アプリ版(Android)の「Position Radar」

「アプリ版」も、Web版と共通の機能である「Position Radar」について、端末を動かすとそれに合わせて画面表示も動く「レーダー回転」のON/OFF機能と、レーダー回転をOFFにした場合は、Web版と同様に「東西反転設定機能」が付加されました。Web版と同じく、衛星番号の表示ON/OFF機能も追加されています。さらに「アプリ版」の独自機能である「AR Display」の表示変更や「DC Report Settings」(設定画面)の日本語/英語選択機能の追加も行われました。

アプリ版(Android)の「AR Display」(左)と「DC Report Settings」(設定画面)(右)

アプリ版(Android)の「AR Display」(左)と「DC Report Settings」(設定画面)(右)

お使いの方はぜひバージョンアップし、新たな機能をお試しください。まだの方もこれを機会にインストールして、測位衛星を身近に感じていただきたいと思います。

参照サイト