コンテンツです

ガーミンがみちびき対応ランニングウォッチ「ForeAthlete」の新製品

2015年08月18日

GPS機器メーカーのガーミン(Garmin)は、GPSランニングウォッチの新製品「ForeAthlete225J」を来週8月24日に発売します。これは、同社が2004年から日本でも展開している「ForeAthlete」シリーズの最新作で、衛星測位により距離やペースなどを計測・記録・管理することができるランナー向けのトレーニングウォッチです。

ForeAthlete225J

「225J」の特徴は、これまでランニングの際に毎回、胸ベルトを装着して行ってきた心拍計測を、本体裏面に設置した光学式脈拍センサーで簡単に測定できるようになったことです。これにより、GPSや加速度センサーにより得られる距離やペースの情報と共に、手軽に効率の良い心拍(脈拍)トレーニングを行うことが可能になりました。

GPSチップはこれまでの同シリーズ製品と同様、みちびきに対応しており、Bluetooth機能で接続すると現在地をリアルタイムでSNSに公開することもできます。

常時着用することで、ランニング以外でも一日の歩数や距離、消費カロリーなど日常的な活動量、睡眠状況を記録し、ライフログとして活用することもできます。記録したデータはクラウド管理サイト、もしくはスマートフォン対応のアプリに送られ、ランニングの記録と併せて一元管理が可能となっています。

参照サイト

関連情報

※ヘッダの画像はイメージです。本文画像提供:株式会社いいよねっと