• ホーム
  • 関連ニュース
  • 8月5日にイオンモール高知で、測位衛星に関する子ども学習講座を開催 [告知]
コンテンツです

8月5日にイオンモール高知で、測位衛星に関する子ども学習講座を開催 [告知]

2016年07月26日

公益社団法人高知県公共嘱託登記土地家屋調査士協会は8月5日、高知市内のショッピングセンター、イオンモール高知で夏休み子ども学習講座「測位衛星を中心とした人工衛星の働き」を開催します。

当日は11時~と14時~の2回、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の講師が講演を行うほか、「宇宙航空に関する展示」としてみちびき初号機の4分の1サイズ模型なども展示されます。

夏休み子ども学習講座「測位衛星を中心とした人工衛星の働き」

主催する高知県公共嘱託登記土地家屋調査士協会では、土地の所有者を調べて境界の位置と面積を測量する「地籍調査」を行っていますが、近年、これに衛星測位を用いるようになり、子どもたちにその意義を伝えるため、今回の学習講座を企画したとのこと。

2年前から準備を進め、高知県教育委員会や、会場となるイオンモール高知のほか、地元主要メディア(NHK高知放送局・RKC高知放送・KUTVテレビ高知・KSS高知さんさんテレビ・高知新聞社)の後援を取り付け、満を持して今回の開催に臨みます。対象は小学校高学年以上で、参加費は無料。お近くの方はぜひご参加ください。


※2016年7月29日追記
当初予定していた講師が変更になったため、本文の記載を一部修正しました。

参照サイト

※告知ポスター画像提供:公益社団法人高知県公共嘱託登記土地家屋調査士協会
 ヘッダは、高知市桂浜のイメージ画像です。