コンテンツです

宇宙開発戦略本部で「宇宙基本計画工程表(平成30年改訂)」が決定

2019年01月07日

2018年12月11日、宇宙開発戦略本部で「宇宙基本計画工程表(平成30年改訂)」が決定されました。宇宙基本計画の工程表は毎年、政策項目ごとの進捗状況を宇宙政策委員会で検証し、宇宙開発戦略本部において改訂されています。今年度の改訂に向けては、2018年6月の第70回宇宙政策委員会で「中間取りまとめ」を策定していました。

今回決定された工程表では、今年度の達成状況・実績として、みちびき4機体制によるサービスを開始したことと、2023年度をめどに確立する7機体制に向け、5号機の開発に着手したことが記載されました。また、サービス開始を踏まえてみちびきの利活用促進や利用ニーズの掘り起しを図るため、関係府省や民間企業等による「準天頂衛星システム利活用促進タスクフォース」を開催したことも記載されました。

出典:宇宙基本計画工程表(平成30年改訂)

出典:宇宙基本計画工程表(平成30年改訂)

参照サイト