コンテンツです

コムテックがみちびき対応レーダー探知機の新製品を発売

2015年06月18日

株式会社コムテックは、今年に入って3月までにみちびきに対応したレーダー探知機を3機種(ZERO 200V・700V・800V)を発売していますが、今月12日、新たにみちびき対応の新製品「ZERO 100L」「ZERO 300V」「ZERO 600V」を発売しました。

「ZERO 300V」の画面イメージ

みちびき・GPS・GLONASS・GAGAN・ひまわり対応の「ZERO 300V」(提供:株式会社コムテック)

このうち「ZERO 100L」は、みちびきとGPSに対応。「ZERO 600V」は、みちびきとGPSに加え、ロシアのGLONASSとインドのGPS補強システムGAGANにも対応しました。さらに「ZERO 300V」では、みちびき、GPS、GLONASS、GAGANに加えて「ひまわり」のGPS補強信号にも対応することで、受信精度、受信速度の向上を図りました。

受信信号以外では、いずれの製品も、生活道路など従来設置できなかった場所へも設置される「小型オービス」の警報に対応したほか、昨年から日本でも運用が始まったラウンドアバウト(信号や一時停止がないなどの特徴を持つ環状の交差点)や、住宅街など生活道路が密集する区域で自動車の最高時速を30kmに制限する新交通規制「ゾーン30」にも対応しています。アイドリングストップ車にも対応しており、ストップ時低電圧になる車両でも安定した動作が可能になりました。

参照サイト

関連情報

※ヘッダの画像はイメージです。