コンテンツです

SEIKO、みちびき特別仕様のASTRONを11月に発売

2016年09月09日

セイコーウオッチ株式会社(SEIKO)は、みちびき初号機に対応している同社のGPSソーラーウオッチ「ASTRON」シリーズの特別仕様製品として、「みちびき」スペシャルエディションを発表しました。

同社はこれまで、ブランドコミュニケーションの一環として、GPSソーラーウオッチ「ASTRON」において数々の限定仕様や特別仕様品を発表してきました。こうした限定仕様や特別仕様のラインナップに新たに加わったのが「みちびき」スペシャルエディションです。

セイコー アストロン「みちびき」スペシャルエディション

セイコー アストロン「みちびき」スペシャルエディション

世界初のGPSウオッチ「ASTRON」

「ASTRON」は、世界で初めて太陽電池のみで動作する低消費電力のGPSウオッチとして、2012年に発表されました。GPS衛星から送信される原子時を基準に、内蔵のクオーツ時計を時刻合わせするもので、GPSシステムと同等の時刻精度が維持されます。また、緯度・経度・高度を特定して内蔵データと照合することで、タイムゾーン設定も自動で行われます。

「ASTRON」のリングアンテナ

「ASTRON」のリングアンテナ

製品を支える技術の1つが、大径のリングアンテナです。セラミック製のベゼルとあいまって高い受信感度を誇り、システムの消費電力低減と太陽電池のみによる独立した電源動作を実現しています。

また、2014年に発表された8Xシリーズからはみちびき初号機の測位信号L1C/Aにも対応しました。

「宇宙空間に存在する地球とみちびき」を表現

セイコー アストロン「みちびき」スペシャルエディションの表面(文字盤の部分)

「地球とみちびき」を表現した表面

表面は、スーパーブラックダイヤシールドの本体塗装をベースに、1)みちびきのソーラーパネルに見立てた、翼を思わせるメタリックブルーの金属パーツ(=文字盤の2時と10時の位置)、2)地球を表現したマザーオブパール(白蝶貝)のサブダイヤル(=6時の位置)、3)漆黒の宇宙空間をイメージしたオールブラックのケースとバンドを配して、時計全体で「宇宙空間に存在する地球とみちびき」を表現しました。また、裏蓋にはロゴマークとシリアルナンバー(2,000本限定)が入ります。

セイコー アストロン「みちびき」スペシャルエディションの裏面

ロゴとシリアルナンバーが入った裏面

かねてより同社は、時計の価値として、正確で、止まらず、美しいことの3要素を挙げてきましたが、東京のように都心部の高層ビルに囲まれて空が少ししか開いていない場所でも、真上からの衛星の電波が受信できて、常に正確な時刻を得られるみちびきの精度が、「ASTRON」のブランド価値を高める上で非常に大きな魅力と映り、今回の「みちびき」スペシャルエディションへとつながったのです。

9月7・8日に都内でお披露目の展示会

「みちびき」スペシャルエディションは、9月7・8日に都内で行われた関係者向けの展示会がお披露目の場となり、みちびき模型(4分の1サイズなど)や解説動画と共に展示されました。

展示されたみちびき初号機の模型

みちびき初号機の模型(左右とも)

「発表直後からウェブニュースや雑誌など多くのメディアに関心を持っていただいています。展示会では来場した方々から『なるほど、真上に衛星があるんですね』などとコメントをいただき、評価は上々です」(同社広報)

本製品は、11月11日に発売される予定です。

参照サイト

関連ページ

関連情報

※ヘッダ及び本文画像提供:セイコーウオッチ株式会社、宇宙航空研究開発機構(JAXA)