コンテンツです

「ロケーションビジネスジャパン」に出展された衛星測位の技術

2016年06月18日

6月8~10日まで千葉・幕張メッセで行われた「Interop Tokyo 2016」とその併催イベント「ロケーションビジネスジャパン2016」では、衛星測位に関連したさまざまな技術が展示されていました。その中からいくつかを選んで紹介します。

1)アイサンテクノロジー株式会社/小峰無線電機株式会社

みちびきのL1/L5信号に対応した新型アンテナ

みちびきのL1/L5信号に対応した新型アンテナ

アイサンテクノロジー株式会社と小峰無線電機株式会社が共同で開発したみちびき対応の高感度アンテナ。これはみちびきのL1及びL5信号に対応したアンテナで、従来よりも大幅な小型化を実現しました。L5信号は樹木などの遮蔽(しゃへい)を受けにくいという特長があり、このアンテナとスマートフォンを組み合わせてクラウドサービスを利用することにより、山間部でもみちびきを利用した高精度なGNSS測量を行えます。

2)ナレッジスイート株式会社

GPS位置情報と地図情報を活用したCRM(顧客管理)サービス

GPS位置情報と地図情報を活用したCRM(顧客管理)サービス

スマートデバイスを活用した顧客管理システム「GEO CRM.com」は、スマートフォンのGPS位置情報と地図情報を活用したCRM(Customer Relationship Management、顧客管理)サービスで、フィールドワーカーが業務で得た情報を、営業活動の中でその場で記録・共有できます。GPSの位置情報を活用して、現在地にもっとも近い顧客を検索したり、直行直帰型の勤怠管理を行ったりすることもできます。さらに地図アプリと連携して、現在地から顧客までの訪問ルート表示も行えます。

3)株式会社日立製作所

準天頂衛星システムを利用したIT農業サービス

準天頂衛星システムを利用したIT農業サービス

総務省の「海外における準天頂衛星システムの高度測位信号の利用に係る電波の有効利用に関する調査」の委託を受け、日立造船株式会社、株式会社日立製作所、ヤンマー株式会社が共同で実施したもので、みちびきの活用による農業トラクターの自律走行などを実証しました。具体的にはPPP-AR測位(Precise Point Positioning with Ambiguity Resolution、基準点が不要の精密単独測位をベースに、衛星や搬送波初期位相に関する補正情報を与えて行う高精度測位)方式で生成された補正情報を、みちびきのLEX信号に載せてユーザーに送信するもので、インフラ未整備地域でも高精度測位が行えることを実証しています。また、IMU(Inertial Measurement Unit、慣性計測装置)技術を活用して、農業トラクターが稲の条間を5cmの精度で走行し、農作業することにも成功しています。

4)マイクロテクノロジー株式会社

通信機能付き車載端末を活用した車両管理システム

通信機能付き車載端末を活用した車両管理システム

以前、当サイトで「位置情報の活用事例」として紹介した、通信機能及びGPSを搭載した車載端末を使って車両管理を行う、テレマティクスを活用した車両管理サービス。OBD II対応の車載端末は、車両に挿すだけで簡単に設置可能で、車両の運転情報や位置情報、車両情報、燃費情報などをパソコンやタブレット、スマートフォン上で確認できます。複数の登録車両の位置情報をリアルタイムに地図上に表示でき、速度違反や指定地域への出入りなどに応じてアラート表示やメール通知を行うこともできます。

参照サイト