• ホーム
  • 関連ニュース
  • アシックスが2月28日、ウェアラブル機器を使うスポーツ体験システムを公開 [告知]
コンテンツです

アシックスが2月28日、ウェアラブル機器を使うスポーツ体験システムを公開 [告知]

2016年02月25日

株式会社アシックスはこのほど、スポーツにおけるプレーヤーの行動や状況をパソコンやスマートフォン上でリアルタイムにモニタリングできる2つのシステムを新たに開発しました。これらのシステムを使った実証実験を、2月28日に東京・銀座にある直営店のアシックスストア東京で公開します。

▼2016年2月28日(日)アシックスストア東京で実証実験を公開

・1回目:9時00分~9時40分
・2回目:11時30分~12時00分
・3回目:13時30分~14時00分
※被験者は、アシックス関係者となります。一般の方の体験会ではありません。
※天候やその他の都合により、予告なく内容の変更または中止となる場合があります。

1)プレーヤーの位置を衛星測位で追跡しブラウザ上でモニタリング

システムの1つは、衛星測位を活用してプレーヤーの位置、行動を5秒単位で追跡し、ブラウザ上で複数の人がリアルタイムにモニタリングできるものです。NECソリューションイノベータ株式会社の協力により実現したもので、今回の実験では、内閣府が2018年度から実用運用する日本版GPSであるみちびきの高精度測位情報を活用して行います。

ブラウザ上に表示されるモニタリング画面のイメージ

ランナーの位置をリアルタイムにモニタする「ランナーロケーションシステム」

2)360度カメラで競技状況を撮影し、遠隔でモニタリング

もう一方のシステムは、株式会社リコー製の360度カメラ「THETA(シータ)」を装着したプレーヤーが、スポーツを行う際に全天球動画を撮影し、その動画を遠隔に設置されたパソコンへリアルタイムに送信することで、競技状況をモニタリングできるものです。今回、慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科の協力を得て、全天球動画のリアルタイム送信、遠隔モニタリングの技術をスポーツ用品業界で初めて構築しました。このシステムを使い、遠隔でプレーヤーの状況をモニタリングできるだけでなく、受信動画を没入型ディスプレイ内で再生することで、そのスポーツを疑似体験するといった活用も目指します。

「プレーヤー」の画像

「体験者」の画像

「全天球動画」の画像

「THETA」を使ったモニタリング(上左:プレーヤー、上右:体験者、下:全天球動画)

これらのシステムを応用し、将来的には、スポーツをするのが困難な高齢者にもスポーツの感動や達成感を感じていただけるサービスの開発などを目指します。アシックスでは今後も、これらスポーツIoT技術を積極活用し、新たなスポーツの楽しみ方を多くの方々に提供していくとのことです。

参照サイト

関連情報

関連情報

※ヘッダ画像はイメージです。本文画像:株式会社アシックス/NECソリューションイノベータ株式会社 提供