コンテンツです

経産省、ベトナムでの高精度測位サービス実証事業の公募を開始

2016年06月10日

経済産業省は、ベトナムでみちびきを活用した高精度測位サービスの実証事業に携わる事業者の公募を始めました。

みちびきの軌道上CGイメージ

6月1日に公開された募集要項では、「新興国におけるわが国企業の進出程度が他の先進諸国に劣後する中」との現状認識のもと、スムーズな進出のためには「各地域の実情に合わせた政策資源の戦略的、集中的投入」が必要であるとし、わが国の企業が強みを持つ分野として、他国に先駆けて展開される「高精度測位サービス事業」を挙げ、「進出の促進に寄与すること」を今回の実証事業の目的としています。

ASEAN諸国の中でみちびきの軌道に近い国

ベトナムが対象国となった理由には、「ASEAN諸国の中でもみちびきの軌道に近い」ことが挙げられています。事業内容は次のように提示されています(要約)。

1)サブメーター級及びセンチメーター級の測位精度について、静止測定と移動測定を行って精度を評価し、他の衛星測位システムとの精度比較も実施する。
2)自動車等の走行情報(プローブ情報)を収集・解析し、将来のサービス提供を見据えた技術的課題の洗い出しや、課題解決に向けた技術実証を行う。
3)ベトナムでビジネス展開をする上での法的・制度的な課題や、その対応策について、ベトナム政府関連機関や企業に対してヒアリングを踏まえた調査研究を実施する。

事業の実施期間は来年3月末まで

公募期間は6月29日まで(正午必着)。第三者の有識者で構成される委員会での審査や、必要に応じて実施されるヒアリングを経て採択者が決定し、ウェブサイトで公表されます。その後、経済産業省と調整の上、3,600万円を上限とする委託契約が締結されます。事業実施期間は、来年(2017年)3月31日までです。

参照サイト

※ヘッダは、ベトナムの首都ハノイの街並み(イメージ画像)