コンテンツです

パイオニアとHEREが、次世代位置情報サービス提供へ向け提携発表

2017年02月17日

パイオニア株式会社とオランダに本社を置く地図情報提供会社のHERE(ヒア)は2月8日、「グローバルな地図ソリューションと次世代位置情報サービス提供」に向けた提携に合意しました。自動車業界向けには、自動運転用の高精度地図ソリューションを提供します。また、幅広い業界に対しても、位置情報を各種サービスと連携させる新しいビジネス提供のサポートを行います。

まずはグローバルな標準地図サービスを提供

具体的な協業の内容としては、まず、日本の地図情報を持つパイオニアの100%子会社であるインクリメントP株式会社と、グローバルの地図情報を保有するHEREが、地図データを相互に利用できるようにすることで、グローバルな標準地図サービスを提供します。HEREは自社のグローバルな地図サービスに日本の高精細な地図を加えることができ、パイオニアはHEREの地図データを活用して、海外顧客向けの製品やサービスを提供できるようになります。

また、インクリメントPとHEREは、世界共通の自動運転用高精度地図ソリューションの実現を目指します。パイオニアの走行空間センサー「3D-LiDAR(ライダー)」で収集したデータを自動運転向けを含むさまざまな領域の高精度地図ソリューションに活用していくことを検討していきます。

パイオニアとHEREの協業イメージ

パイオニアとHEREの協業イメージ

2018年中の市場導入を目指す

パイオニアとHEREは、自動車業界を始めとするさまざまな業界向けに、パイオニアの市販用機器でセンシング(計測)したデータを利用する次世代位置情報サービスを構築し、2018年中の市場導入を目指します。これに向け、両社は、それぞれが保有するロケーションプラットフォームの連携やセンシングデータを用いた地図データベースの更新について検討を進めます。

HEREは「オープンロケーションプラットフォーム」として、リアルタイムの交通情報や地図情報、公共交通機関情報、また地図の自動更新など、複数の位置に関する情報を統合し、サードパーティのアプリケーションが利用できる形で提供しています。今回の提携でパイオニアのデータを活用できるようになることで、オープンロケーションプラットフォームを活用したドライバー向けのリアルタイムクラウドデータサービスの情報量が充実するとしています。

パイオニアとHEREは、2015年9月に自動運転における高度化地図の活用における協業について基本合意を発表、また2016年には自動運転向け地図の更新・運用システム構築に向けた実証実験開始を発表しています。今回の発表は、さらに提携を強め、両社の持つ地図情報、位置情報技術、データ収集技術を核にして共存していく「データエコシステム」を、自動運転以外の領域にも広げる意向を示したものとなります。

参照サイト

関連情報

※ヘッダの画像はイメージです。本文図版提供:HERE/パイオニア株式会社