コンテンツです

クラリオン、みちびき対応の4カ国語カーナビを発表

2016年06月11日

カーナビ大手のクラリオン株式会社は、みちびきに対応した法人向けリース・レンタカー向けのカーナビゲーションシステム「NXR16」を発表し、今月から発売します。

NXR16

NXR16(画像提供:クラリオン株式会社)

同製品の特徴は、外国人観光客やビジネス客の利用を想定し、日本語・英語・中国語・韓国語の計4カ国語の音声案内を備え、地図表記も日英2カ国語を切替表示できる点です。画面も、ワイド7型VGA(640×480ピクセル)のタッチ式液晶パネル(2DINサイズ=幅18cm×高さ10cm)を搭載し、スマートフォンやタブレットと同様のタップ・スワイプによる操作が可能となっています。

古野電気の自律航法GNSSモジュール「GV-86」を採用

GV-86

GV-86(画像提供:古野電気株式会社)

測位機能に関しては、古野電気株式会社の自律航法GNSSモジュール「GV-86」が採用されています。この「GV-86」の特徴は、みちびき、GPS、SBAS(Satellite-Based Augmentation System、静止衛星型 衛星航法補強システム)の信号の同時受信することに加え、トンネルなどで衛星からの信号が途絶えた場合でも、ジャイロや加速度センサーの情報を組み合わせて自車位置を高精度に推定する機能(自律航法、デッドレコニング=Dead-Reckoning)を備えている点です。

古野電気では、10Hz(1秒間に10回)の高レート測位や高速測位性能(事前にPC経由等で衛星の軌道情報を入手しておけば測位時間を短縮できる「A-GPS」によりホットスタート1秒以下)などを通じて、業界最高クラスの測位精度を実現したとしています。

参照サイト

※ヘッダの画像は、イメージです。