コンテンツです

インクリメントP、「MapDK5」のWindows10対応バージョンを提供開始

2016年04月30日

地図サービス「MapFan」や、カーナビ用デジタル地図コンテンツの制作などを手がけるインクリメントP株式会社は、Windowsパソコン向け地図開発キット「MapDK5(マップ・ディー・ケー・ファイブ)」の新バージョン提供を開始しました。今回提供するバージョン5.10.0では、新たに開発環境及び動作環境としてWindows 10に対応します。

地図をカスタマイズできる位置情報システム開発キット

Windowsパソコン向け地図開発キット「MapDK5」

「MapDK5」は、インクリメントPのデジタル地図・ルート検索エンジンを搭載した位置情報システム開発キットで、日本国内の地図と、地図にアクセスするための多彩なインターフェイス機能を提供しています。1996年のシリーズ発売以来、販売数はすでに3万本を超えているとのこと。

地図は最新の日本全国地図データを利用しており、加えて全国1,300都市については、建物の形まで分かる詳細地図を提供しています。地図の拡大・縮小や、地図表示物のカスタマイズ、配色変更やアイコン、ポリゴン、円などのユーザー独自オブジェクト描画とクリック判定、存在判定などに対応します。

「MapDK5」の地図カスタマイズ機能の画面例

配色変更や表示ON/OFFなど地図のカスタマイズ機能(上段3点)や、ユーザー定義オブジェクトの描画・判定機能(下段3点)を搭載(「MapDK5」製品サイト「機能紹介」画面より)

配車・運行管理や物流システムなども開発可能

また、住所や駅名などによる地図検索機能、逆にGPSなどで取得した位置情報から住所を検索する逆引き機能、出発地点と到着地点の住所から最適な道順を検索するルート検索機能などのよく使われるインターフェイスが標準で提供されています。

これらの機能を利用して、トラックやタクシーなどの配車・運行管理システム、動態管理などの物流システム、位置情報を活用した施設管理や商圏分析などの位置情報サービスなど、Windowsパソコン上で動作する地図や位置情報を活用したサービスの開発が容易に行えます。

なお、「MapDK5」開発キットをすでに購入済みの利用者は、契約者サポートページから無償で新しいバージョンをダウンロードできます。

参照サイト

※ヘッダの画像は、イメージです。本文画像提供:インクリメントP株式会社