コンテンツです

コロラド州がGPS運用開始20周年を記念して7月17日を「GPSの日」に

2015年07月24日

米国・コロラド州にある米空軍スペースコマンド(Air Force Space Command:AFSPC)は、GPS(Global Positioning System)が2015年7月17日で、1995年のシステム完全運用開始から20周年を迎えたことを発表しました。この20年間、GPSは米国によって運用される衛星測位システムとして、軍事的な側面でも、市民の日常生活における側面でも大きく活用されてきました。これを記念してコロラド州では7月17日を「GPSの日」として認定しました。

1970年代に軍事用として開発が始まったGPSは、1978年2月に最初の衛星「ナブスター1」が打ち上げられました。第1世代の11機(うち1機失敗)に続き、1989年以降はブロックIIと呼ばれる第2世代の衛星打ち上げが始まり、1995年7月17日から完全運用されるようになりました。

「1995年からGPSは信頼のおける、かつ正確な位置情報及び時間信号を提供して、全地球のナビゲーションの基準となった」と米空軍スペースコマンドの司令官であるジョン・E・ハイテン将軍は語ります。GPSの主管制局はコロラドスプリングス市の近くにあるシェリーバー空軍基地に置かれ、衛星システムの運用・管理は米空軍スペースコマンドが行っています。

コロラド州のジョン・ヒッケンルーパー知事は、「GPSという革命を全地球の市民に利用してもらうため、一翼を担った航空宇宙産業の全協力者を祝福したい。コロラドで"GPSの日"を宣言することは、私たちの州が行ってきた人工衛星や地理空間テクノロジーにおける分野での働きに、輝かしい評価を与えるのに適切な機会である」と語りました。

参照サイト

関連情報

※ヘッダの画像はイメージです。