コンテンツです

シチズンが位置情報も取得できるみちびき対応の衛星電波時計を今秋発売へ

2015年05月13日

シチズン時計株式会社は、時刻情報だけでなく位置情報の取得機能も備えた衛星電波時計の新機種エコ・ドライブ サテライトウエーブF900を、2015年秋に発売することを発表しました。

エコ・ドライブ サテライトウエーブF900の商品画像

ホワイトとブラックの2色が発売される(画像は、シチズン時計株式会社ウェブサイトより転載)

同社は、光発電の時計では世界初となる、衛星から受信した時刻情報で時刻やカレンダーを自動修正する衛星電波時計エコ・ドライブ サテライトウエーブを2011年から発売していますが、今秋発売する「F900」はそのシリーズの新製品となります。

特徴としては、これまでの時刻情報だけでなく、衛星から最短30秒で位置情報を取得でき、また、GPSに加えて新たにみちびきのL1C/A信号にも対応しています。衛星から位置情報を取得することで、世界で40あるタイムゾーンの時差を自動で修正する機能も追加されました。

世界1,700個限定のブラックと、同じく1,300個限定のホワイトの2色が発売され、希望小売価格は税別24万円の予定です。

画像提供:シチズン時計株式会社