コンテンツです

GNSS View

測位衛星の配置が分かるアプリ

「GNSS View」は、公表されている測位衛星の軌道情報をもとに、任意の時間・任意の場所における衛星の天球上の配置(コンステレーション)を画面上に再現するソフトウェアで、2014年から公開しています。

見たい時間・場所の衛星配置を簡単に表示

特徴としては、デフォルトで現在地・現在時刻が表示されますが、設定時刻を前後させることで天球上での衛星配置の変化を見ることができます。また、モードを設定すれば、現在運用中の準天頂衛星「みちびき」初号機に、今後打ち上がる2~4号機を加えて4機体制となった時にどういう衛星配置となるかを体験できます。

6つの衛星測位システムに対応

準天頂衛星「みちびき」とGPSに加えて、ロシアのGLONASS、中国のBeiDou、欧州のGalileoと、SBAS(衛星航法補強システム)の6つの衛星測位システムに対応しており、それらの衛星位置が画面に表示されます。「みちびき」とGPS以外の4システムの衛星配置は、NORAD(North American Aerospace Defense Command、北米航空宇宙防衛司令部)が公開している軌道情報を用いて計算しています。

Web版、アプリ版(Andoroid/iOS)も提供

「GNSS View」は通常のブラウザで動作するWeb版のほかに、アプリ版として、Google PlayでAndroid版、App StoreでApple社端末向けiOS版を提供しています。

Get it on Google Play

関連ページ