コンテンツです

[告知] G空間EXPO2019でみちびき講演会を開催

2019年10月31日

G空間社会の裾野を広げることを目的に産学官が連携して開催する「G空間EXPO 2019」が、今年も11月28日(木)~30日(土)の3日間、東京・お台場の日本科学未来館で開催されます。G空間(情報)とは、将来が期待される重要科学分野の一つである「地理空間情報技術(=Geospatial Technology)」の頭文字のGを用いた「地理空間(情報)」の愛称です。G空間EXPOは、地理空間情報と衛星測位の利活用を推進する場となるべく、2010年9月に初回が行われ、以後2012年から毎年開催され、今年で9回目を迎えました。

内閣府宇宙開発戦略推進事務局は、このG空間EXPOにおいて下記のとおり、「みちびき(準天頂衛星システム)講演会」を実施します。皆さま、ぜひご参加ください。

みちびき(準天頂衛星システム)講演会

  • 日時:2019年11月28日(木)11時00分~13時00分(10時30分受付開始)
  • 会場:日本科学未来館7階 未来館ホール
  • 主催:内閣府宇宙開発戦略推進事務局
  • 入場料:無料
  • 参加申し込み:以下の参加申込フォームより、事前にご登録ください。

プログラム(予定)
時間 内容・タイトル/登壇者
開会挨拶
11時00分~11時10分 内閣府宇宙開発戦略推進事務局
招待講演
11時10分~11時30分 「『みちびき』利活用の取り組み」
日本電気株式会社 山田 勲氏(宇宙システム事業部 エキスパート)
11時30分~11時50分 「準天頂衛星システム『みちびき』の利活用 ~SDGs・第10次交通安全基本計画目標へのチャレンジ~」
ジェネクスト株式会社 笠原 一氏(代表取締役)
11時50分~12時10分 「みちびき測位システムを活用したリアルタイム海象モニタリング」
株式会社 環境シミュレーション研究所 伊藤 喜代志氏(取締役会長)
12時10分~12時30分 「高精度位置情報(みちびき)を利用した排雪業務の高度化および実用化実証について」
雪国よこて排雪作業軽減対策コンソーシアム 代表
岩根 えり子氏(株式会社デジタル・ウント・メア 代表取締役社長)
横手市役所 村田 清和氏(総務企画部長)
12時30分~12時50分 「準天頂衛星の海外実証」
株式会社 日立ソリューションズ 西口 修氏(ビジネスコラボレーション本部 企画部 チーフアドバイザー)
閉会挨拶
12時50分~13時00分 準天頂衛星システムサービス株式会社

内閣府とQSSは共同で出展

内閣府宇宙開発戦略推進事務局と準天頂衛星システムサービス株式会社(QSS)は3日間の会期中、日本科学未来館1階の展示会場に統合ブースとして出展し、「みちびき」が提供しているサービスの概要や、各分野で拡がり続ける利活用の最新状況について、ご紹介します。

参照サイト