コンテンツです

[告知] 7月15~28日の「Society 5.0科学博」でみちびき関連展示

2021年07月14日

内閣府と国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の共同主催による「Society 5.0科学博」が7月15日(木)~28日(水)の2週間、東京・墨田区の東京スカイツリータウン(メイン展示:4階及び1階)で開催されます。
これは、未来社会を体験できる展示会としてサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を融合させ、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会「Society 5.0」の未来像イメージを知ってもらうためのイベントで、約50の企業や大学、団体が参加し、宇宙、海洋、モビリティ、医療、製造、農業、防災、エネルギーなど多様な分野における計200点以上の最先端科学技術や研究成果を展示します。

「しんかい6500」と「はやぶさ2」

「しんかい6500」(左)と「はやぶさ2」実物大模型(右)

会場は、有人潜水調査船「しんかい6500」などを展示する「Society 5.0のはじまり」(1階ソラマチひろば)、「はやぶさ2」の実物大模型や帰還カプセルなどを展示する「科学技術のフロンティア」(1階団体フロア)、社会課題解決やSociety 5.0の実現に資する科学技術を集めた「Society 5.0の未来像」(4階スカイアリーナ)、JAXAやJAMSTEC が持つ科学技術関連映像を放映する「Society 5.0シアター」(千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス)、Society 1.0から4.0の歴史とSociety 5.0へ向けた道すじを紹介する「Society 5.0への軌跡」(天望回廊)の5つのステージに分かれています。

みちびきの展示は、4階スカイアリーナで

みちびき関連展示は、4階スカイアリーナの「Society 5.0の未来像」ブースで行われており、32分の1サイズの「みちびき衛星模型」や、8の字を描く準天頂軌道がひと目で分かる「準天頂軌道 衛星模型」、みちびきに対応したSUBARUの高度運転支援システム「アイサイトX」を解説する3Dディスプレイや構成部品などを展示しています。

みちびき衛星や準天頂軌道の模型、アイサイトXの解説展示

みちびきの1/32サイズ模型(上左)と準天頂軌道 衛星模型(上右・下左)、アイサイトXの解説展示(下右)

スカイアリーナの屋外では、みちびきの高精度測位に対応し、世界初の自動運転レベル3を実現したHonda「レジェンド」や、SUBARUのアイサイトXを搭載した「レヴォーグ」の実車を見ることもできます。

Honda「レジェンド」

Honda「レジェンド」

SUBARU「レヴォーグ」

SUBARU「レヴォーグ」

なお、東京スカイツリータウンでは、天望回廊で7月15日(木)~9月5日(日)にサブ展示、1階で7月15日(木)~19日(月)に企業展示が行われるほか、オンラインによる「サイバー展示」も7月17日(土)~9月5日(日)に行われます。
開催に当たっては、新型コロナウイルス感染症等の拡大防止対策を徹底して実施しております。マスク着用徹底等の対策へ御協力の上、ぜひご来場ください。

「Society 5.0科学博」と表示された東京スカイツリー

©TOKYO-SKYTREE

参照サイト

以上