コンテンツです

[報告] 2回目のみちびきウェビナーを開催しました

2021年12月24日

内閣府宇宙開発戦略推進事務局は12月10日、今年2回目となる「みちびき(準天頂衛星システム)ウェビナー ~みちびき利活用最前線 in G空間EXPO 2021~」を実施しました。
みちびきの活用事例として、地下埋設物の可視化やドローン、ARを活用した体験コンテンツ、視覚障がい者向けナビゲーションなど多彩な取り組みを紹介すると共に、「高精度な位置と時間が作る未来」をテーマとして、みちびきを活用したサービスアイディアを検討する「みちびきコミュニティ」のエバンジェリストによるパネルディスカッションも行われました。
以下の各講演ごとに当日の動画をご覧いただけます。

 

内閣府宇宙開発戦略推進事務局 参事官/準天頂衛星システム戦略室長 上野麻子

内閣府の上野参事官

内閣府宇宙開発戦略推進事務局の上野麻子参事官(準天頂衛星システム戦略室長)が開会の挨拶として、10月26日に打ち上げが行われた初号機後継機などを紹介すると共に、今年で2回目となるウェビナーの趣旨と概要を説明しました。

株式会社マイスター 常務取締役 野澤宇一郎氏

マイスター野澤氏の講演

株式会社マイスター、袋井市、株式会社コア、日本マイクロソフト株式会社の4者が共同で検討している地下埋設物の可視化の取り組みについて、みちびきコミュニティのエバンジェリストを務めるマイスターの野澤宇一郎氏が紹介しました。オープンデータとして公開されている高精度3DデータとxR技術を用いて地下埋設物を可視化することにより、インフラメンテナンスの効率化を目指します。従来はQRコードなどのマーカーを使用していたMRグラスの位置合わせを、みちびきの高精度測位を使うことで機械化し、内蔵センサーやカメラを使って自己位置推定を行って自動的に位置を補正します。

ドローン・ジャパン株式会社 取締役会長 春原久徳氏

ドローン・ジャパン春原氏の講演

ドローン・ジャパン株式会社の春原久徳氏(取締役会長)が、ドローンの自律移動の可能性について解説しました。自律移動のプロセスは、「自己位置推定」「周辺環境の地図構築」「経路計画」「経路追従」の4つの要素で成り立っており、これらのプロセスの自動化にはフライトコントローラーと呼ばれる装置が必要です。このような制御装置を搭載した自律移動体は、空だけでなく陸上や水上へと利活用の場が広がっています。春原氏はさらに、海中での自律移動を可能にするための「海中GPS」の実現に向けて、琉球大学工学部の和田知久教授と共に、海上にGNSS受信機を浮かべて音響無線通信により海中へ位置情報を配信する「海中音響測位システム」の開発に取り組んでいます。

株式会社amulapo 代表取締役 田中克明氏

amulapo田中氏の講演

宇宙関連のベンチャー企業である株式会社amulapoの田中克明氏(代表取締役)が、鳥取砂丘での月面都市AR体験など、同社が制作した体験コンテンツを紹介しました。屋外におけるARグラスの課題として、自己位置推定を補助するための光源がカメラから外れるとシステムが不安定になることや、特徴面がつかめずに平面の認識ができなくなり、起伏のある砂丘では高低差により3Dモデルが浮いて表示されてしまうことなどが挙げられます。みちびきのCLASを利用してARグラスを装着した体験者の位置情報を取得することで、このような課題を解決し、没入感の高い体験を実現できます。同社はみちびきの3次元の位置情報を利用したAR観光案内アプリを作ることにより、多くの地域やクリエイター、観光客に利用してもらえるプラットフォームを目指す方針です。

株式会社Ashirase 代表取締役 CEO 千野歩氏

Ashirase千野氏の講演

株式会社Ashiraseの千野歩氏(代表取締役 CEO)が、靴に装着する振動デバイスとスマートフォンアプリを連動させて視覚障がい者へ誘導情報を提供する歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」を紹介しました。同システムの開発当初、同社は視覚障がい者の歩行支援において「ここを歩けば安全」という、展示ブロックのような役割を初期の目標に設定し、そのためには高精度な衛星測位が必要であると考えました。同社は高精度測位を実現するため、デッドレコニング(自律航法)などの精度補正技術を開発すると共に、実証事業としてSLASやCLASなど精度の検証を行いました。

『高精度な位置と時間が作る未来 ~6cmの位置と10億分の1秒が変えるデジタル社会の姿~』

モデレータ:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)常務理事 坂下哲也氏/パネリスト:佐藤将史氏、嶋田敬一郎氏、畑田康二郎氏
坂下氏、畑田氏、佐藤氏、嶋田氏の画像

坂下氏(左上)、畑田氏(右上)、佐藤氏(左下)、嶋田氏(右下)

後半は、「みちびきコミュニティ」エバンジェリストである佐藤将史氏(一般社団法人SPACETIDE 共同設立者/理事兼COO)、嶋田敬一郎氏(R/GA東京 マネージング・ディレクター/代表取締役)、畑田康二郎氏(株式会社デジタルハーツホールディングス 代表取締役)によるパネルディスカッションが行われました。モデレータは一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)の坂下哲也氏(常務理事)が務めました。
冒頭、パネリスト三氏による自己紹介と、自身と宇宙との関わりについてそれぞれ説明を行いました。佐藤氏は経営コンサルタントとして宇宙ビジネスに関わると共に、宇宙ビジネスを拡大するための取り組みを行うSPACETIDEを立ち上げて、ビジネスカンファレンスを開催したり、宇宙ビジネスの動向をまとめるレポートを作ったりと、さまざまな活動を行っており、「みちびきコミュニティ」の立ち上げにも携わりました。
イノベーションのコンサルティングなどを手がけるR/GA東京の代表取締役を務める嶋田氏は、これまで40カ国で約200件のテックカンファレンスに登壇し、みちびきを始めとした日本の最先端技術を海外に伝える取り組みを行っています。また、アクセラレーター/ベンチャーキャピタルのPlug and Play Japanの公式ピッチメンターなどを務めるほか、インタビュアーなど多彩な活動を行っています。
2004年に経済産業省に入省し、2015年に内閣府に出向して宇宙戦略室(2016年より宇宙開発戦略推進事務局)にて宇宙2法、宇宙産業ビジョン2030、宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster」などを立ち上げた畑田氏は、現在、デジタルハーツホールディングスの子会社であり、障害者雇用を推進する株式会社デジタルハーツプラスの代表取締役を務めながら、「みちびきコミュニティ」のエバンジェリストとして、さまざまな宇宙関連のスタートアップの支援に取り組んでいます。
坂下氏は、利活用のアーリーアダプター(新しいサービスや商品を早い時期に利用する層)の育成を目的とした「みちびきコミュニティ」の位置付けについて説明した上で、「みちびきコミュニティ」に参加して良かったことや今後の課題、コミュニティ活動によるユースケース創出に必要なことなど、さまざまな議題を挙げて、パネリストは活発に意見を交換しました。

準天頂衛星システムサービス株式会社 代表取締役社長 鎌形亨

準天頂衛星システムサービスの鎌形社長

準天頂衛星システムサービス株式会社の鎌形亨代表取締役社長が閉会の挨拶を行い、来年、第3回のウェビナーを開催することも告知して終了しました。

関連ページ

関連記事