コンテンツです

マップル・オン、スマホ向け位置情報ゲーム「Zoic」を提供

2017年07月27日

スマートフォンの衛星測位機能を利用した位置情報ゲームでは「ポケモンGO」のヒットが記憶に新しいところですが、他にもさまざまな企業が位置情報のゲームアプリを提供しています。株式会社マップル・オンが提供するiOS/Androidアプリ「Zoic-ゾイック-位置情報RPG」もその一つ。端末のGPS機能を使って、現実世界に連動した3D地図上でゲームが進行する位置情報RPG(ロールプレイングゲーム)で、App StoreまたはGoogle Playから無料でダウンロードできます。

「Zoic」トップ画面

マップル・オンは、地図や旅行ガイドブックで知られる株式会社昭文社の子会社で、これまでは位置情報や地図データを使用した観光アプリなどを提供してきました。今回はそこで培った技術を用いて位置情報ゲーム(GIG=Geographic Information Game)向けのソリューションを開発し、その第一弾として提供開始したのが「Zoic(ゾイック)」です。

地図が描かれた海中を探査艇で移動

ゲームは、海中を探査艇で移動しながら「ゾイック」と呼ばれるモンスターを捕獲するストーリーで、海底に現実の地図をもとに道路の線が描かれています。プレイヤーを示すコマ(キャラクター)は、プレイヤーの位置情報と連動して動く「母艦」と、母艦から一定の制限距離内を自由に動き回れる「探査艇」で構成されています。プレイヤーは制限距離内で見つけたゾイックに対して、その周囲に捕獲アイテムの「ゾイペグ」を3本打ち込み、3本のゾイペグでゾイックを囲んで捕獲することができます。

実際の地図をもとにした海底の地図

実際の地図をもとにした海底の地図

捕獲したゾイック

捕獲したゾイック

プレイヤーのレベルが上がると出現率の低いレアなゾイックと遭遇する確率が上がります。なお、特定のピット周辺にしか出現しない「超・レアゾイック」も用意されています。超・レアゾイックは、有名な観光地やショッピングモールなどの集客施設に設定されています。

多彩なゾイックが登場

多彩なゾイックが登場

現実世界のコンビニがある付近には、アイテム補給場所の「ピット」が出現し、プレイヤーがピットインすると、ゾイックを捕獲するための弾(ゾイペグ)や燃料を獲得できます。さらに、現実世界の郵便局がある付近には、プレイヤー同士で戦える「スタジアム」も登場します。なお、スタジアム以外でも「カセキ」を集めることで自由にバトルすることができます。

「Zoic」に採用されている位置情報ゲームのソリューションは3Dに対応しており、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)にも対応できます。同社は今後、VRやARを活用した機能を順次公開していく予定です。また、今後の展開として、ゲーム内の仕掛けを活用して地方自治体等の観光客誘致支援を行ったり、「Zoic」で採用している自社開発のGIGソリューションを他社にも開放して、GIG開発を支援するビジネスを推進していくとしています。

参照サイト

※ヘッダおよび本文画像提供:株式会社マップル・オン