コンテンツです

現在地の地盤の安全性を確認できる「じぶんの地盤アプリ」

2016年08月27日

今回は、地盤ネット総合研究所が開発した、現在地の地盤リスクの目安をタイムリーに知ることができるスマートフォン/タブレット端末対応のウェブサービス「じぶんの地盤アプリ」を紹介します。

地震や豪雨などの災害が頻発している日本において、住宅の購入時や建て替え時に気になるのが「地盤」です。このアプリは、iPhoneやAndroidスマートフォンに内蔵された衛星測位機能を利用して、自分が立っている場所の地盤状況のリスクをすばやく調べ、スコアで表示できるようになっています。ブラウザ上で動くウェブアプリなので、WindowsやMac OSのブラウザ上でも動作します。

GPS測位した現在地の地盤状況を地図に表示

同サービスのページにアクセスすると、位置情報から即座に現在地の地盤リスクを判定し、地図上に地盤安全性の目安となる「地盤安心スコア」が表示されます。スコアに応じて赤、黄、緑と色が変わるため、天気予報のようにひと目で分かりやすく地盤の状況を確認できます。スコアは「改良工事率」「浸水リスク」「地震による揺れやすさ」「土砂災害リスク」「液状化リスク」の5項目によって判定されます。スコアは地図の上に重ねて表示されるデザインになっており、地図の透明度を変更することもできます。

「地盤安心スコア」の画面例

「地盤安心スコア」の画面例

「地盤安心スコア」の画面例

全国の地震発生状況も確認できる

このサービスには、日本全国の最近の地震発生状況を地図上で見られる「地震発生マップ」も収録しており、全国の各地点で発生した地震の回数と地震の規模(マグニチュード)を確認することができます。表示できるのは、「M4.5以上」「M2.5以上」「M1.0以上」の3段階で、期間も「過去1日」「過去7日」「過去30日」と3つから選べます。

「地震発生マップ」の画面例

「地震発生マップ」の画面例

「街を歩きながら常に確認する」使い方を提案

「じぶんの地盤アプリ」では、自宅の地盤を調べるほか、街を歩きながらさまざまな地点で地盤を確認して、地震発生時でも安心な避難場所を探したり、学校や病院、旅先など気になる場所を調べたりする使い方を提案しています。さらに、新たに住宅や土地を購入する時や、自宅を建て替えるときなどに地盤の状況を調べる用途にも利用できます。

パンフレットによる、使い方の提案例

(「じぶんの地盤アプリ」パンフレットより抜粋)

土地や住宅を購入する際は、駅からの近さなど利便性を重視しがちですが、気軽に現在地の地盤の状況を確認できるこのようなサービスを利用することで、地盤に関するリスクを減らすことが可能となります。

参照サイト

関連情報

※ヘッダ及び本文画像:地盤ネット株式会社 提供