コンテンツです

GPSに連動した多言語による観光ガイドシステムU・feel

2017年02月20日

株式会社フュートレックは、GPSに連動した「多言語ガイドシステムU・feel(ユーフィール)」の提供を開始しました。同社は、これまでも多言語自動ガイドシステムの開発等を行ってきましたが、今回、観光バスや観光船、タクシーなどが導入しやすいように製品ラインナップを拡充し、「多言語ガイドシステムU・feel」にブランドを統一し、提供を始めました。

位置情報をもとに的確なタイミングで観光ガイド

言葉の異なる外国人観光客が同時に乗車しても、それぞれの言語で観光ガイドできます。

訪日外国人が増加するにつれて、観光バスやタクシーなど現場での多言語対応がより一層求められています。こうした中で衛星測位機能を活用して、位置情報をもとに自動的に多言語による音声・映像ガイドを提供するシステムが普及しています。

多言語ガイドシステムU・feelも、観光バスや観光船に搭載することで、GPSにより自動的に観光ガイドや情報提供を行う観光ガイドシステムです。複数の言語に対応しており、言葉の異なる外国人観光客が同時に乗車した場合でも、それぞれの言語で観光ガイドを案内できます。

上図のようにGPSと連動させて、設定したポイントに近づくと的確なタイミングで観光ガイドを開始します。交通状況の変化にも対応でき、渋滞で車両がゆっくりと走る場合は長めの案内となり、次のガイドポイントに達した時には適切なタイミングで案内を開始します。

このシステムは、機材だけではなく、日本語シナリオ制作から多言語化し、音声合成までをワンストップで提供することが可能です。ガイド音声には高品質な合成音を使用し、日本語/英語/中国語/スペイン語などの計17言語に対応しています。さらに、ガイドポイントの追加や修正を自身で行える管理ツールも提供されています。

用途に応じて4種類の製品を用意

定期観光バスや巡回バス、観光タクシー、観光船など、さまざまな交通機関に対応するため、用途別のラインアップになっており、たとえば定期観光・観光船向けには、有線タイプで安定動作が可能な「U・feel Wired」、巡回バス向けには小型の「U・feel Wired Mini」を用意しています。

また、設置工事不要のワイヤレスタイプとして、定期観光・企画旅行バス向けの「U・feel Wireless」と、観光タクシー向けの「U・feel Portable」があり、こちらは機材レンタルタイプとなります。レンタルでの提供により、急速に増加する外国人個人旅行客の受け入れにもすばやく対応できます。

参照サイト

※ヘッダの画像はイメージです。本文画像提供:株式会社フュートレック