コンテンツです

「だんじり」の岸和田市、無料観光アプリにハザードマップも搭載

2016年09月16日

毎年9月に行われる岸和田だんじり祭が、いよいよ今週末に迫ってきました。岸和田市と岸和田市観光振興協会は、これに先立つ9月12日から、市内の観光等施設やイベント情報を盛り込んだスマートフォン向け無料アプリ「祭都きしわだnavi」の提供を開始しました。

トップ画面

「祭都きしわだnavi」トップ画面

「だんじりMAP」

「だんじりMAP」

スマートフォンのGPS機能を利用し、市内のイベント情報や観光施設の情報、ルート検索による経路情報が提供されるほか、9月17日(土)・18日(日)に開催される「岸和田だんじり祭」に合わせて、だんじり曳行ルートやトイレ情報が試行的に提供されます。

「施設情報」

「施設情報」

「ハザードマップ」

「ハザードマップ」

さらに自然災害に備え「地震(震度予測)」「津波」「洪水・土砂災害」「内水氾濫」に関するハザードマップを内蔵し、オフライン(通信できない)状態でも危険箇所などを地図に表示して避難すべき方向を知ることができます。

人口が約20万人弱の岸和田市ですが、2日間の祭礼の観客数はその2倍以上の約40~60万人に膨れ上がります。その祭礼に向けて提供されるのが、単独の観光アプリではなく「防災機能」を備えている点も、このアプリの大きな特徴となっています。全国的にはまだこうした試みの実施例は少なく、今後の動向が注目されます。

参照サイト

関連情報