コンテンツです

「さんぽで三県!! 三県境」モバイルスタンプラリー開催中

2017年03月07日

3つの県で構成される1カ所の県境を「三県境」と言います。その三県境と周辺を巡る「さんぽで三県!! 三県境」モバイルスタンプラリーが、埼玉・加須市と群馬・板倉町、栃木・栃木市の3市町の県境エリアで始まっています。このスタンプラリーはスマートフォンの衛星測位機能を活用したもので、3月26日まで開催しています。

昨年3月の調印式に記念プレート設置

三県境は全国に40カ所以上ありますが、その多くは山間部や河川の中にあり、加須市・板倉町・栃木市の3市町の境のように平地で簡単に行ける場所にあるのは珍しいことです。元々の県境は渡良瀬川に沿っていましたが、川の流れが変わったため、現在の渡良瀬川の整備後に平地に位置するようになりました。この三県境は長年にわたって明確に位置が定まっていませんでしたが、2016年1月から測量などの調査を行った上で正式に位置が定まり、同年3月に行政区域境界確認書の調印式が行われ、三県境を示す記念プレートが設置されました。

チラシ表面

三市町の名所3カ所と三県境を巡る

今回のモバイルスタンプラリーは、この三県境および三市町の名所を巡りながら、スマートフォンを使ってスタンプを取得します。スタンプラリーはウェブブラウザ上で動作するウェブアプリ上で行います。アプリをインストールする必要はなく、QRコードを読み取るか、ウェブブラウザでURLを直接入力すれば利用可能となります。

チェックポイントは、三県境のほか、北川辺スポーツ遊学館(加須市)、雷電神社(板倉町)、栃木市藤岡遊水池会館の計4カ所で、それぞれの施設にたどり着いたら、GPS機能を使用してチェックインすることでスタンプを入手できます。

チラシ裏面

4つのスタンプをすべて入手すると三県境到達証明書が発行されるので、その画面を北川辺スポーツ遊学館で見せると、オリジナルモバイルチャージャーが進呈されます。また、Wチャンス賞として3市町いずれかの特産品が抽選で当たります。全国的にも珍しい三県境とその周辺を訪ねて、休日にスタンプラリーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

参照サイト

関連情報

※本文画像提供:板倉町/加須市/栃木市(50音順)