コンテンツです

大和市、デンソーの防犯・防災情報アプリを導入して住民に提供

2017年10月25日

全国各地の自治体においてスマートフォン用の防犯・防災情報アプリの導入が進んでいます。これらのアプリでは、スマートフォン内蔵の衛星測位機能を活用して、地図上で現在地周辺の防犯・防災情報を簡単に調べられるほか、非常時に防犯ブザーを鳴らして、現在地の位置情報を家族などにメールで知らせる機能を搭載しているものもあります。

株式会社デンソーが開発した、防犯情報や防災情報を配信するiOS/Android向けアプリもその一つ。同社がタブレット端末を利用した地域情報配信システム「ライフビジョン」の開発で培ってきた技術やノウハウを応用して新たに開発したもので、「ヤマトSOS支援アプリ」として神奈川県大和市が正式導入し、8月から住民に提供を開始しました。

「ヤマトSOS支援アプリ」メニュー画面

地図上に現在地周辺の防犯・防災情報を表示

「ヤマトSOS支援アプリ」は、大和市内の防犯・防災関連のお知らせを配信するのに加えて、交通事故多発箇所や避難所などを地図上に表示させるマップ機能を搭載しています。さらに、日常時の防犯・交通安全対策のポイントや防災ガイドに関する動画も掲載します。

地図上に表示されるのは「広域避難場所」「避難生活施設」「スタンドパイプ消火資機材」「AED」「交通事故多発箇所」などで、各アイコンをタップすると詳細情報が表示され、その地点へのルートも表示できます。また、マップ左上の「犯罪情報表示」をタップすると、地図の表示エリアで起きた犯罪の件数が表示されます。「空き巣」「ひったくり」「車上荒らし」「自転車盗」など犯罪種類別の件数も調べられます。

地図上に防犯・防災情報を表示

地図上に防犯・防災情報を表示

アイコンのタップで詳細情報を表示

アイコンのタップで詳細情報を表示

防犯ブザーを鳴らして位置情報を送信

このほか、非常時にブザー音を鳴らす「防犯ブザー機能」や、非常灯として活用できる「ライト機能」も搭載しており、災害が起きた時にも有効なツールとして活用できます。防犯ブザーを鳴らした時に、事前に登録しておいた家族などへ、スマートフォン内蔵のGPSが取得した位置情報をメールで送信する機能も搭載しています。また、マップデータを端末にダウンロードできるので、災害時に携帯電話回線が不通となった場合でも利用できます。

防犯ブザー機能

防犯ブザー機能

マップデータをダウンロード可能

マップデータをダウンロード可能

参照サイト

※ヘッダおよび本文画像提供:株式会社デンソー/大和市