コンテンツです

互助交通、タクシー利用者向けにGPS連動アプリ「GOJO WORLD」を提供

2017年02月07日

スマートフォン内蔵の衛星測位機能を活用した位置情報ゲームといえば「ポケモンGO」が有名です。「ポケモンGO」は日本マクドナルドとの提携が注目を集めましたが、他にも位置情報とキャラクターを組み合わせたアプリをビジネスに活用する動きが出てきました。

東京都墨田区のタクシー会社である互助交通有限会社は、タクシーに乗ることで美少女キャラクターを進化させられるGPS連動アプリ「GOJO WORLD」を、今月下旬から無料で提供すると発表しました。

GOJO WORLD

このアプリには2つのモードがあります。まずは、タクシーを利用した回数、距離に応じてポイントが発生し、それを使ってキャラクターを進化させることができる「GPS連動アプリモード」です。ユーザーは、アプリ内で対立する2つの国から片方を選んでプレイヤーとなり、ポイントを使って仲間との出会いを求めたり、ドレスアップ(進化)させたりできます。第一弾として、アプリのリリース当初は6名のキャラが登場する予定です。

リリース当初に登場する6名のキャラ(イメージ)

リリース当初に登場する6名のキャラ(イメージ)

もう一つは、アプリとは別に、スマートフォンのウェブブラウザ上で動作する「スタンプラリーモード」です。こちらはタクシーに貼られているQRコードを読み込むことでキャラクターを入手できます。ユーザーはコンプリート時の特典として、オリジナルグッズやゲーム内で使えるアイテムを獲得できます。

位置情報アプリをタクシーの集客ツールに

互助交通有限会社のウェブサイト

1955年創業の老舗タクシー会社である同社は、近年タクシーのイメージアップに積極的に取り組んでおり、自社ブログを利用した採用活動やSNSによる情報発信を積極的に行っています。今回のアプリ配信もその一環で、若者や、ふだんタクシーを利用する機会が少ない人に少しでも関心を持ってもらえるようにという戦略でもあります。

タクシーの集客ツールとしてGPSによる位置情報を活用したアプリを使うのは、旅客サービスならではのユニークな試みと言えますが、同社の取り組みが今後、どのように収益につながっていくのかが注目されるところです。

参照サイト

関連情報

※ヘッダの画像はイメージです。本文画像提供:互助交通有限会社