コンテンツです

ボタンを押せば配車可能なタクシー会社へ電話できる「タクシーチャンピオン」

2017年02月05日

モバイル・コマース・ソリューション株式会社はこのほど、タクシー配車アプリ「タクシーチャンピオン」の提供を開始しました。

このアプリは、スマートフォンのGPS機能を使って現在地を特定し、配車可能なタクシー会社を判別するというものです。同社が独自に調査したリストを使用し、タクシー会社ごとの配車可能エリアは、全国47都道府県で合わせて約7000拠点を網羅しています。利用者はアプリ中央のボタンを押すだけで、配車可能なタクシー会社へ自動的に電話がつながります。電話で配車を依頼した後は、通常と同様にタクシーを利用できます。

タクシーを呼ぶたびに「チャンピオンポイント」が貯まる

タクシーを呼ぶたびに貯まる、独自の「チャンピオンポイント」

タクシーチャンピオンの特徴は、アプリでタクシーを呼ぶたびに独自の「チャンピオンポイント」が貯まることです。チャンピオンポイントは、Amazonギフトコード、dポイント、nanacoギフトIDなどのポイントや、JAL、ANAのマイルに交換できます(2月中旬より順次、ポイント交換受付開始予定)。

おりしも1月30日から、東京23区と三鷹市・武蔵野市では近距離でも利用しやすいようにタクシー初乗り料金が410円に値下がりしており、タクシーの利用者は増えると予想されています。国土交通省の調査によれば、タクシー利用者の24.7%の人が「タクシー乗り場から乗る」、22.1%の人が「電話で呼ぶ」と回答していますが、一方で「タクシー乗り場が混んでいて乗れない」、「電話で呼びたくても配車できる会社が見つからない」といった不満を持つ利用者もいます。

タクシーチャンピオンを使えば、流しのタクシーが見つからない場所や、出張先や旅行先などタクシー会社の名前が分からない時にも簡単に電話でタクシーを呼ぶことができます。また、操作はボタンを押すだけなので、スマートフォンやアプリを扱うのが苦手な人でも簡単に利用できます。加えて、従来の携帯電話を使うユーザーに対するフィーチャーフォン向けサービスも2月下旬のスタートを目指して準備中です。

こうした、いつでもどこでも手軽に電話でタクシーを呼べるアプリの登場で、ますますタクシーの利用が身近になりそうです。

参照サイト

※ヘッダの画像はイメージです。本文画像提供:モバイル・コマース・ソリューション株式会社