コンテンツです

凸版印刷が、店舗「射程圏」内ユーザーを誘客する「ココチラ」を提供

2016年09月04日

凸版印刷株式会社は、同社が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」において、スマートフォンが取得したユーザーの位置情報に合わせて、店舗がタイムリーに誘客するためのコンテンツを配信できる新サービス「ココチラ」を今後順次、提供します。

スマートフォンに搭載された衛星測位機能は、店舗のコンテンツ配信にも活用されています。このサービスでは、店舗近くや最寄り駅周辺など、ユーザーの位置情報をもとにクーポンや特売情報などを最適なタイミングで届けて、効果的に来店を促進します。対応はパソコン、携帯電話やデジタルテレビ、スマートフォンやタブレット端末のiOS 及びAndroidで、App Store 又はGoogle Playから無料でダウンロードできます。

ユーザーの現在地に合わせてコンテンツを通知

「ココチラ」概要(凸版株式会社のニュースリリースより抜粋)

「Shufoo!」は、店舗のチラシをユーザーに配信する、小売流通企業向け電子チラシサービスです。同サービスではこれまで、さまざまな店舗の商圏内で暮らすユーザーに対して、毎日決まった時間に買い物情報を配信してきました。今回新たに提供開始する「ココチラ」は、従来のサービスに加えて、店舗にとっての「射程圏」内に入ってきたユーザーを誘客します。ユーザーの位置情報をもとに、店舗の特売情報をタイムリーにプッシュ通知するという仕組みです。

ユーザーの「射程圏」内での滞在時間に応じて、プッシュ通知するタイミングを設定したり、コンテンツの出し分けを設定したりも可能です。また、店舗内にビーコン端末を設置して、情報接触したユーザーが来店したかどうか、の効果測定も行えます。

同サービスを利用すれば、従来の販促施策ではアプローチしづらかった、自店舗の最寄り駅や周辺施設などの潜在顧客に対し、タイミングよくコンテンツを配信できます。そして、潜在顧客の行動を変え、自店舗に呼び込むことが期待できます。

商圏が広めの小売流通企業や飲食チェーンを想定

具体的な利用シーンは、「店舗周辺にいる人にタイムセール情報を配信し、店の前を素通りする人を呼び込む」、「ショッピングモール内の別の店にいる人に割引クーポンを配信し、他業態店舗での買い物客を呼び込む」、「勤め帰りの人に惣菜の出来たて情報を配信し、店の最寄り駅や最寄りのバス停付近にいる人を呼び込む」といった使い方です。

このサービスの想定ターゲットは、総合スーパーやショッピングモール、百貨店、ホームセンターなど、商圏が広めの小売流通企業や、非計画来店の多い飲食チェーン企業などです。

同社は、11月末まで本サービスの無料トライアルキャンペーンを実施しており、それ以降に有償化します。有償化後は、通知量に応じた従量課金制を想定しており、1プッシュ通知ごとに10円となる予定です。トライアルキャンペーンには、イオンリテール株式会社、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社近鉄百貨店、DCMホールディングス株式会社、株式会社東急ハンズ、株式会社ヤオコーなどが参加を予定しています。

参照サイト

関連情報

※ヘッダ及び本文図版:凸版印刷株式会社 提供