コンテンツです

米国、2機目の第3世代GPS衛星「マゼラン」を打ち上げ

2019年09月02日
デルタIVロケット 打ち上げ(画像提供:United Launch Alliance)

デルタIVロケット 打ち上げ(画像提供:United Launch Alliance)

第3世代の2機目となるGPS衛星が現地時間の8月22日9時6分(日本時間では同日22時6分)、ULA(United Launch Alliance)社のデルタIVロケットにより、米国フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。衛星は、打ち上げから1時間55分後に高度20,185kmの軌道上で切り離され、所定の中高度軌道(MEO; Medium Earth Orbit)に投入されました。

第3世代(ブロックIII)のGPS衛星はロッキード・マーチン(Lockheed Martin)社が製造を担当しています。第3世代では、次世代の測位信号「L1C」を送信できます。「L1C」信号は、従来の「L1C/A」に比べて、ノイズに紛れにくく電波妨害に対して強度があります。みちびきと互換性があり、ガリレオとも相互運用性を持っています。

ブロックIII衛星のイメージ図(画像提供:Lockheed Martin)

ブロックIII衛星のイメージ図(画像提供:Lockheed Martin)

昨年12月に打ち上げられた第3世代の最初の衛星は、イタリアの探検家アメリゴ・ヴェスプッチにちなんで「Vespucci」と名付けられましたが、2機目の今回は、大航海時代のポルトガルの探検家フェルディナンド・マゼランにちなみ「Magellan」と名付けられました。

1機目の「Vespucci」は、今年7月までに軌道上でのチェックアウトとテストアクティビティを完了しており、今年後半には次のフェーズとなる運用環境での活動に進むのではないかと期待されています。

参照サイト

関連リンク

ヘッダ画像提供:United Launch Alliance

以上