コンテンツです

[WTP展示] 東京ビッグサイトで5月27日まで開催中

2016年05月25日
ロケーションサービスパビリオン内にある準天頂衛星システムサービス株式会社のブース

ロケーションサービスパビリオンの展示風景

本日から5月27日(金)まで3日間、東京ビッグサイト(江東区有明)でワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2016が開催されています。

今年のWTPでは「測位(QZSS、屋内測位、位置情報利用)」を始め、「第5世代移動通信システム(5G)」や「IoT(Internet of Things)&M2M(Machine to Machine) & Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」、「ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)(コネクティッドカー・自動安全走行)」、「スマートタウン・スマートホーム」、「防災・減災への無線システムの応用」など、さまざまな話題を注力テーマとして掲げています。

15機関が共同出展する「ロケーションサービスパビリオン」

準天頂衛星システムサービス株式会社は、15機関が共同出展する「ロケーションサービスパビリオン ~QZSS、屋内測位、位置情報利用~」内にブースを構えています。

ブースには、みちびきの8の字軌道の仕組みがよく分かる「準天頂軌道 衛星模型」、衛星測位による精度の安定性を体感できる「衛星数効果 解説模型」などを展示しています。また、みちびきに対応した小型GNSS受信機QZ1(Android/PC対応)およびQZ1 LE(iOS/PC対応)も展示しています。

準天頂軌道 衛星模型

準天頂軌道 衛星模型

衛星数効果 解説模型

衛星数効果 解説模型

QZ1(左)とQZ1 LE(右)

QZ1(左)とQZ1 LE(右)

さらに、みちびきによる高精度測位を解説したパネルも展示しているほか、みちびきを使用した実験機器「プッシュ型情報提供装置」を活用した避難実験の様子をモニタで解説しています。

皆さまのお越しをお待ちしています。

関連情報