コンテンツです

[報告] 第4回ペーパークラフト教室を五反田文化センターで開催

2017年01月19日

昨年夏から通算4回目、そして今年最初となる「みちびきキッズ~ペーパークラフト教室~」を1月15日、品川区立五反田文化センターで開催しました。同センターは、品川区にある5つの文化センターの一つで、自主的な学習や文化・スポーツ活動を通してコミュニティづくりを進めることを目的とした施設です。プラネタリウム投影や天体観望会、宇宙展の開催など、宇宙関連の企画もこれまで積極的に行ってきました。

当日の教室の様子

10時~11時半と13時半~15時の2回、事前に申し込んだ小学生とその保護者が同センターに集まりました。宇宙開発とみちびきに詳しい公益財団法人日本宇宙少年団の小定弘和氏と小島俊介氏の2人が「宇宙兄さんズ」として、この日のナビゲーターを務めました。

当日の教室の様子

教室ではまず、みちびきとは何かを説明します。H2Aロケットの打ち上げから人工衛星みちびきの軌道投入、そして自分の位置を測る「測位」の仕組みまで、模型などを駆使して解説しました。続いて、みちびき初号機、2・4号機、3号機の3種類の制作キットが配られ、ペーパークラフトの制作に入ります。

当日のスナップ画像

ペーパークラフトができ上がった後、参加者に「みちびきはかせ認定証」を授与して、全員で記念撮影を行い、教室は終了しました。「みちびきキッズ~ペーパークラフト教室~」は今後、引き続き2月に千葉・市川市、3月に茨城・つくば市で開催を予定しております。ご期待ください。

集合写真(午前の部)

(午前の部)

集合写真(午後の部)

(午後の部)

↓一般向けサイト「みんなのみちびき」にもイベントレポートを掲載しています。

関連ページ