コンテンツです

[告知] S-NET第1回分科会を12月21日、熊本で開催

2016年12月03日

(2016年12月19日更新)
※プログラムを詳細な内容に改訂しました。
──

内閣府宇宙開発戦略推進事務局では、「宇宙」をキーワードに、新産業・サービス創出に関心を持つ企業・個人・団体等が参加するネットワーキング組織として『スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(略称:S-NET)』を創設いたしました。
さまざまなプレイヤーが集う「場」としての役割を担うと共に、参加する企業等を積極的に支援・コーディネートする「支援機能」を有することで、プロジェクト組成、事業創出などで多くの成功事例を輩出することを目指しております。
今年度は、社会課題と宇宙技術に関わる5つの分科会を立ち上げると共に、具体的なビジネスモデルを検討するワーキンググループを支援してまいります。まず、第1回目の分科会では、テーマを「宇宙×地域新産業創出」と題し、地域の課題解決と宇宙開発利用の両立を目指します。ご興味、ご関心をお持ちの方は、ぜひ奮ってご参加ください。

開催概要

1. 日時:2016年12月21日(水)13時30分~16時30分
 (受付開始13時。終了後17時~懇親会を予定)
2. 場所:メルパルク熊本(熊本市中央区水道町14-1)

3. 参加費:分科会は無料、懇親会は1人3,000円(いずれも事前登録制)
4. プログラム(予定)

時間 内容
分科会
イントロダクション
13時30分~13時35分 [開会挨拶]
内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 審議官 佐伯浩治氏
13時35分~13時40分 [来賓挨拶]
熊本県商工観光労働部 新産業振興局 課長 三輪孝之氏
(熊本県知事メッセージ代読)
「宇宙×観光業」
13時40分~14時00分 「熊本地震を乗り越えて<次世代型天文台構想>」
南阿蘇ルナ天文台 台長 宮本孝志氏
14時00分~14時15分 「震災等による観光業への影響と南阿蘇村の復興への取り組み」
「地域新産業創出においてS-NETが果たす役割」
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
植田和典氏(熊本復興推進担当)/辻 祥明氏
14時25分~14時45分 「未来のエンターテインメント 舞台は宇宙」
株式会社ALE 代表取締役 岡島礼奈氏
14時45分~15時05分 「準天頂衛星の測位情報を利用したニューツーリズム創造への挑戦」
ソフトバンク株式会社 ITサービス開発本部 サービス推進統括部
新規事業準備室 観光立国・地域活性化推進担当 室長 永瀬 淳氏
15時05分~15時20分 質疑応答およびコメント
15時20分~15時30分(休憩10分)
「宇宙×林業」
15時30分~15時50分 「林業の課題とスマート林業の取り組み」
鹿児島大学 教授 寺岡行雄氏
15時50分~16時05分 「Web木材入札システム及び木材流通プラットフォームによるSCM改革」
株式会社ウッドインフォ 代表取締役 中村裕幸氏
16時05分~16時45分 [パネルディスカッション]
「スマート林業の実現に向けた、宇宙技術利活用の可能性」
鹿児島大学 教授 寺岡行雄氏
株式会社ウッドインフォ 代表取締役 中村裕幸氏
ソフトバンク株式会社 永瀬 淳氏
株式会社パスコ 主任技師 菊池 譲氏
内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 参事官補佐 畑田康二郎氏
事務局(モデレーター)
エンディング
16時45分~16時50分 [スピーチ]
「S-NETと宇宙ビジネスコートの連携について」
一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構 専務理事 久能木慶治氏
16時50分~16時55分 [閉会挨拶]
内閣府 宇宙開発戦略推進事務局
懇親会
17時00分~ 懇親会

 ※プログラムの変更、登壇者の追加変更となる場合がございます。ご了承ください。

5. 申し込み方法:下記リンク先の申し込みフォームからお願いします。
 ※申し込み受付締切:2016年12月20日(火)17時まで(要事前登録、120名様先着順)

6. お問い合わせ先:以下までお願いします。
 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(担当:辻)
 E-mail:yuko.tsuji<at>tohmatsu.co.jp
 (メールを送信する際に(at)を@に置き換えてください。)
 TEL. 03-6213-3710

参照サイト

「S-NET」分科会(2016年度)

「S-NET」準備会合(2015年度)

「宇宙×G空間ワークショップ」(2015年度)