コンテンツです

[報告] 第5回ペーパークラフト教室を千葉県立現代産業科学館で開催

2017年03月03日

昨夏以来、横浜市、館林市、お台場、五反田と首都圏近郊の各地で行ってきた「みちびきキッズ~ペーパークラフト教室~」。5回目となる今回は、千葉・市川市の千葉県立現代産業科学館で2月25日に開催しました。
1994年に千葉県初の理工系の博物館として開館した同館は、常設展示として「現代産業の歴史」「先端技術への招待」「創造の広場」の3つの展示室を持ち、産業に応用された科学技術を体験的に学ぶことができる場として、すでに20年以上の歴史を重ねています。

会場風景

みちびきについて質問され、元気に手を上げる参加者

この日のナビゲーターは、宇宙開発とみちびきに詳しい「宇宙兄さんズ」である公益財団法人日本宇宙少年団の小定弘和氏と小島俊介氏の2人が務めました。10時~11時半と13時半~15時の2回のセッションに合わせて、事前に申し込んだ小学生とその保護者が同館に集まりました。
オープニングでは「宇宙兄さんズ」の2人がロケットや人工衛星の概要を説明し、測位の仕組みなども図解や全員での体験を交えて学びました。続いてペーパークラフトを製作します。でき上がった後、参加者に「みちびきはかせ認定証」を授与して記念撮影を行い、午前と午後それぞれ90分間の教室は終了しました。

当日の開催風景

当日の開催風景

(午前の部)

(午前の部)

(午後の部)

(午後の部)

館内に掲示されたみちびきに関するクイズ

館内にはみちびきに関するクイズも掲示されました

この「みちびきキッズ~ペーパークラフト教室~」は、引き続き第6回を3月5日(日)につくばエキスポセンター(茨城・つくば市)で開催します。ご期待ください。

↓一般向けサイト「みんなのみちびき」にイベントレポートを掲載しています。

関連ページ