コンテンツです

[告知] 12月に開かれる第7回マルチGNSSアジアカンファレンス

2015年09月09日

第7回マルチGNSSアジアカンファレンスが12月7日(月)~10日(木)、東南アジアのブルネイ・ダルサラームにて開催されます。カンファレンスを主催する「マルチGNSSアジア(MGA)」は、アジア・オセアニア地域においてマルチGNSSの利用や実用性の促進を目的とする組織です。

なお、本カンファレンスは昨年まで「アジア・オセアニアGNSS地域ワークショップ」として開かれていましたが、さらなる発展・拡大を目指して「マルチGNSSアジア カンファレンス」と名称を変更しました。

ブルネイ・ダルサラームの位置を示す地図

ボルネオ島北部に位置するブルネイ・ダルサラーム

今回のカンファレンスでは、例年通りマルチGNSSの最新動向・ニーズの共有、各参加機関の活動報告、今後のMGAの活動についての報告がなされる予定です。さらに、「アジア太平洋地域におけるG空間への挑戦」をテーマとしてアジア・オセアニア地域における応用事例などの発表が行われます。また、企業の皆さまにも研究成果や製品サービスを発表いただけるようインダストリアルセッションの機会を設けております。

日程は、12月7日(月)~9日(水)の3日間で各種セッションが行われ、最終日の10日(木)は熱帯雨林を巡るツアーが行われます。詳細及び参加申し込みは、下記サイトでご確認ください。