コンテンツです

G空間EXPO 2016、日本科学未来館で開催 [展示1]

2016年11月25日

地理空間情報(G空間情報)をテーマとしたイベント「G空間EXPO 2016」が11月24日(木)~26日(土)まで3日間、東京・お台場の日本科学未来館で開催されています。この中で、内閣府宇宙開発戦略推進事務局と準天頂衛星システムサービス株式会社は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、一般財団法人衛星測位利用推進センター(SPAC)と連携した統合ブース「宇宙衛星ゾーン」内に共同で出展しています。

「宇宙衛星ゾーン」内に共同出展

「宇宙衛星ゾーン」内に共同出展

ブースデザインを一新し、親しみやすい空間に

このブースには、準天頂衛星「みちびき」の「8の字軌道」の仕組みがよく分かる「準天頂軌道 衛星模型」や、衛星数による測位精度の違いを体験できる「衛星数効果解説模型」、みちびきに対応した小型GNSS受信機「QZ1」および「QZ1 LE」、災害・危機管理通報サービス(災危通報)のメッセージを受信するデモンストレーション、みちびきによる高精度測位を解説したパネルなどを展示しています。

準天頂軌道 衛星模型

準天頂軌道 衛星模型

衛星数効果解説模型

衛星数効果解説模型

QZ1 LE(左)とQZ1(右)

QZ1 LE(左)とQZ1(右)

「災危通報」メッセージ受信のデモ

「災危通報」メッセージ受信のデモ

また、9月に日本科学未来館で実施した小学生向け体験イベント「みちびきキッズ~アニメ制作に挑戦しよう~」で子どもたちが制作したアニメを紹介しているほか、26日(土)開催予定のみちびきペーパークラフト教室で使用するペーパークラフトも紹介しています。

「みちびきキッズ~アニメ制作に挑戦しよう~」

「みちびきキッズ~アニメ制作に挑戦しよう~」

8の字4機体制スペシャルジオラマセット

8の字4機体制スペシャルジオラマセット

みちびきのL6信号を受信できる受信機

このほか三菱電機株式会社の提供による準天頂衛星「みちびき」の実証用受信端末「AQLOC」や、マゼランシステムズジャパン株式会社の提供によるGNSS受信機も紹介しています。いずれもみちびきのL6信号を受信できる機器でセンチメータ級の測位を実現します。

三菱電機の受信端末「AQLOC」

三菱電機の受信端末「AQLOC」

マゼランシステムズジャパンの受信機

マゼランシステムズジャパンの受信機

開催は11月26日(土)まで。皆さまのお越しをお待ちしています。

参照サイト

関連情報