コンテンツです

[展示] LBJ2019、幕張メッセで6月14日まで開催

2019年06月13日

6月12日(水)から14日(金)まで3日間、幕張メッセ(千葉市)で「ロケーション ビジネス ジャパン(LBJ) 2019」が開催されています。位置情報ビジネスをテーマとしたこのイベントには、屋内外の測位技術やそれに関連した最新機器、位置情報を活用したソリューションやサービスなどさまざまな展示が行われています。今回は各社の展示の中から、みちびきに関連した展示を紹介します。

みちびきの高精度測位に対応した製品を展示

展示ブース全景

展示ブース全景

内閣府宇宙開発戦略推進事務局と準天頂衛星システムサービス株式会社、日本ドローンコンソーシアムによる共同ブースでは、みちびきの概要を紹介するパネルを展示しているほか、センチメータ級測位補強サービスやサブメータ級測位補強サービスに対応した各社の製品を紹介しています。GNSSトラッカーやGNSS受信機だけでなく、みちびきに対応したドローンのコントローラーや、ドローン本体の試作機など多彩な製品が展示されています。また、2019年3月にくまがやドームにて実施された、ドローン配送の実証実験で使われたドローンも展示しています。

みちびきに対応したGNSSトラッカー

みちびきに対応したGNSSトラッカー

くまがやドームでの実証実験に使われたドローン

くまがやドームでの実証実験に使われたドローン

L6に対応した自動飛行・自動航行・自動走行用のコントローラー

L6に対応した自動飛行・自動航行・自動走行用のコントローラー

みちびき対応の受信機や自動運転ユニットなどを展示

マゼランシステムズジャパン株式会社のブースでは、みちびきのL6に対応した受信チップやモジュール、受信機などを展示するとともに、自動運転の実現に必要なユニットを搭載したUGV*やドローンの実機も展示しています。
*UGV(Unmanned Ground Vehicle:無人地上車両)

UGVのデモ機

UGVのデモ機

高精度測位に対応した受信機

高精度測位に対応した受信機

三菱電機株式会社のブースでは、みちびきのセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)に対応した受信機「AQLOC-VCX」を展示しています。同製品は2018年11月に発売された最新機種で、従来機種よりも小型化を図っています。

AQLOC-VCX

AQLOC-VCX

LBJ2019は6月14日(金)まで3日間の会期で開催され、測位や位置情報関連の講演やセミナーが予定されています。予定の詳細は、以下の公式サイトでご確認ください。

以上