コンテンツです

[速報] ジャパン・ドローン2016開催中

2016年03月25日

3月24日、千葉・幕張メッセで日本最大規模のドローン総合展「ジャパン・ドローン2016/Expo for Commercial UAS market」(主催:一般社団法人日本UAS産業振興協議会=JUIDA)が開幕しました。UAV(Unmanned aerial vehicle、自律型無人飛行機)関連産業が一同に会する国際会議と展示会で、「空の産業革命」と言われるドローン産業への関心の高まりを反映し、ドローンメーカーだけでなく部品・デバイスメーカー、通信関連、映像関連企業、防衛関連企業、サービスやソリューション提供企業など多くの企業や団体がブースを出展しています。

QZ1 LEの基板実装例や測量用UAVなどを展示

準天頂衛星システムサービス株式会社のブースでも、QZ1 LEの基板実装例の紹介パネルや、8の字軌道の仕組みが分かる「準天頂軌道 衛星模型」、高精度3次元地図計測を目的とした測量用UAVの紹介パネル(協力・アイサンテクノロジー株式会社)などを展示し、説明員が来場者の質問にお答えしています。

他にもドローン関連のさまざまな展示品やイベント

モーションセンサ「CMS-MG200」

加速度・角速度センサとみちびき対応のGNSS受信機をコンパクトにパッケージングして、最大400Hzで「動き」のデータを出力し、ドローンの感覚神経をつかさどるモーションセンサCMS-MG200(東京航空計器株式会社製)。

ドローンのデモ飛行

会場では安全ネットで覆われたエリアを設け、各社のドローンのデモ飛行を実施。

無人機「PREDETOR XP」
無人機PREDETOR XP

米軍のほか、英国、イタリアでも採用実績のある米GENERAL ATOMICS社製の無人機PREDETOR XPの展示。

D★Girls(ドローンガールズ)

ドローン専門メディア「Drone Media Japan」のD★Girls(ドローンガールズ)も、揃いの制服で主催団体JUIDAブースに立ち、会場を盛り上げました。

関連情報