コンテンツです

[報告] 箱根エリアで観光をキーワードとした実証実験を実施

2015年03月09日
3月6日に行われた箱根での実証実験の様子

準天頂衛星システムサービス株式会社は2015年3月6日、観光事業におけるみちびきの利用拡大に向けた実証実験を、箱根エリアで実施しました。当日は、外国人観光客にも人気の観光地である箱根で、みちびきで測位可能な受信機を搭載した専用周遊バス8台を運行して、山間部である箱根エリアの位置情報取得状況を検証しました。

参加者には専用周遊バスの位置情報を提供し、新たな路線開拓等の可能性を検証すると共に、伊豆箱根鉄道で実証実験を行った「ロケーション連動型情報配信サービス」(得ッパコ)を使い、実際に参加者に各ポイントを回っていただき、割引クーポンやスタンプラリーなどの検証を行いました。

*本文画像2段目中央のスマートフォンが表示している画面は、アイサンテクノロジー株式会社「QZSS Prove Tool」

プレスリリース

関連情報