コンテンツです

準天頂衛星シンポジウム:開催レポート

2014年02月12日

準天頂衛星システムの事業計画進捗と2018年に向けた取り組みを報告

2月12日、東京・港区のAP浜松町にて、準天頂衛星システムサービス株式会社の主催による「準天頂衛星シンポジウム」を開催しました。
準天頂衛星システム(以下、QZSS)の利用拡大・推進の一環として、最新の事業計画の状況、利用拡大・推進のために行っている情報発信、イベントなどの取り組み、また、すでに運用を開始している準天頂衛星初号機「みちびき」を利用した研究成果と、「みちびき」を利用した実証実験の状況について、200名を超える来場者の皆さまに報告しました。

準天頂衛星システム利用者会(QSUS)会員の方は、当日の資料をQSUS会員ページからダウンロードしてご覧いただけます。

準天頂衛星システムサービス株式会社について

準天頂衛星システムの事業について解説するスライド資料

冒頭の開会の挨拶では、準天頂衛星システムサービス株式会社 代表取締役社長の伊藤康弘が、準天頂衛星システムサービス株式会社の事業概要を紹介しました。

伊藤からは、内閣府が2012年度末から「準天頂衛星システムの衛星開発等事業」および「準天頂衛星システムの運用等事業」としてQZSSの事業化を進めていると説明。後者については、事業を内閣府から請け負い、総合システムや地上システムの整備、運用、QZSSの利用拡大・推進に携わっていると、事業概要について話しました。

来賓挨拶

続いて、来賓の内閣府宇宙戦略室の野村栄悟参事官が挨拶を行いました。

野村参事官は、「QZSSは、政府として2011年9月に閣議決定され、2018年度からの運用開始を目指して、現在4機体制に向けての整備を進めています。G空間推進のほか政府の重要施策と連動するなどさまざまな活用ができるQZSSについては、政府の中でもとりまとめ的存在として内閣府宇宙戦略推進室が整備を進めることが重要で、政府機関、各省庁、産業界、学界などとも連携して取り組みを進めることが大事だと考えています。」と説明しました。

準天頂衛星システムについて

準天頂衛星システムの軌道を紹介するスライド

日本電気株式会社より、QZSSの概要について解説しました。

QZSSで利用する衛星は、地上から見ると8の字型に見える「準天頂軌道」に3機、赤道上の静止軌道に1機の合計4機です。初号機の「みちびき」は、すでに準天頂衛星軌道上で運用を開始しており、2016年度から2017年度にかけて残り3機を打ち上げ、2018年度から4機での運用を開始します。準天頂軌道上の3機が順に8時間ずつ日本上空にとどまることで、24時間日本上空をカバーします。また、QZSSの衛星群はGPS衛星と同じ周波数の信号を配信するため、GPSの衛星群とQZSSの衛星群は一体の衛星群として扱い測位サービスを提供できるという優位点があります。

準天頂衛星システムの提供サービスを紹介するスライド

QZSSで提供するサービスは、「測位関連サービス」および「メッセージ通信関連サービス」の2つに大きく分けられます。
測位関連サービスでは、GPS衛星群と一体化して測位精度を向上させます。また、サブメータ級およびセンチメータ級といった測位情報を提供します。
メッセージ関連サービスでは、行政機関などに対して緊急時のメッセージを一斉送信する災害・危機管理通報サービス、一般利用者が救難信号を送信することで、衛星を通してあらかじめ登録した近親者などに安否情報を送る衛星安否確認サービスを提供します。

サービス分野での準天頂衛星への期待

QZSSでどのような社会が実現するのかをテーマに、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)電子情報利活用研究部部長の坂下哲也様が「サービス分野での準天頂衛星への期待」と題した講演を行いました。
坂下様からは、正確な位置情報と時間情報の取得により社会活動のモニタリングと分析が可能になること、またQZSSにより位置情報の精度が上がることで、屋内と屋外をシームレスにつなぐことができ、新たなサービスの可能性が広がることが示されました。

坂下氏の「位置と時間で情報をつなげる」ことを説明するスライド

私たちの社会的活動には、必ず「いつ」、「どこで」という、位置情報と時間の情報を付与することができます。つまり、すべての情報に位置と時間の情報を付与して一元管理することで、さまざまな社会活動をモニタリングし、分析することができるようになります。これがいわゆるビッグデータ、パーソナルデータと呼ばれるデータになります。
位置を記録するためにはさまざまな技術がありますが、使用する技術によってどこまで細かく位置情報が取れるかが決まります。それによって、その位置情報を活用する用途の範囲も決まってきます。

坂下氏の「位置情報はどこまでとれるのか?」のスライド

サブメータ級、センチメータ級のナビゲーションが実現されれば、屋内測位サービスとよりスムーズに連動できるようになり、より高度な自動ナビゲーションが実現できるようになります。起点と終点を決めて道順をナビゲーションするだけでなく、歩道と車道を識別して目の見えない人に点字ブロックの代わりに「歩道のある場所」を教えるナビゲーションや、アスファルトの反射温度を測定するセンサーと組み合わせて「照り返しの少ない、赤ちゃんに優しい道」を教えるナビゲーションといったサービスも可能になります。また、店舗の入り口や店内の棚の位置まで正確に測位できるので、場所を限定したターゲティング広告も可能になるでしょう。
日常の移動や旅行だけではなく、災害時にはピンポイントの位置情報を衛星経由であらかじめ登録した宛先に送信することで、安否確認にも役立てられます。位置情報が精緻になることで、さまざまな新しい可能性が生まれます。

サービス分野での準天頂衛星への期待。2050年に向けた施策を説明するスライド

少子高齢化が社会問題となっていますが、2050年の日本は都市への人口集中と高齢化が進み、現在人が居住している地点の6割以上で、人口は半分以下となります。そのような2050年の社会においては、都市のコンパクト化と移動の自動化・高速化、ロボットによる介護、農業生産の自動化などの生活支援技術の確立が課題となります。これらの実現のためには、蓄積したデータを空間データに展開するインフラが不可欠です。そのためのインフラとして、準天頂衛星の基盤は期待されています。

準天頂衛星初号機「みちびき」の成果

宇宙航空研究開発機構(JAXA)第一衛星利用ミッション本部 衛星測位システム技術室 ミッションマネージャの小暮聡様が、準天頂衛星初号機「みちびき」を使って今までに行ったQZSSの技術実証実験の概要、JAXAが担当した分野における成果と今後の取り組みを説明しました。

準天頂衛星初号機「みちびき」の技術実証概要を説明するスライド

2010年9月に打ち上げられた「みちびき」は、同年12月から定常運用に入り、翌年6月にはGPS補完信号の提供を開始しています。JAXAでは、「GPS補完」および「実験用信号による衛星測位実験」を担当し、「みちびき」独自の実験用信号であるLEX(L-band experiment)信号を使ったPPP(Precise Point Positioning:単独搬送波位相測位)という測位技術の開発を行いました。

JAXAは、将来的に複数のGNSS(GPS, GLONASS, Galileo, QZSS)を利用するためのネットワークモニタ局網構築と衛星の軌道・時刻を高精度に推定するツールを開発・改良し、PPPの精度改善と初期化時間短縮を行い、地上の基準点に寄らずアジア全域での精密測位実現を目指します。

準天頂衛星システム初号機を利用した実証実験について

一般財団法人衛星測位利用推進センター(SPAC)第一事業部 事業部長の松岡 繁様は、準天頂システム初号機「みちびき」を利用した実証実験について紹介しました。

準天頂衛星システム初号機を利用した実証実験について。民間利用実証の推進体制を説明するスライド

SPACは、産業界・経済界における地理空間情報の利用拡大に向け、関係諸団体と連携しGPS,QZSS,Galileo等、次世代の衛星測位の利用に関する調査研究の推進ならびにこれらの成果の普及・事業活動の活性化及び事業化を促進することを目的とし活動している組織で、その一環として「みちびき」の民間利用実証実験をとりまとめています。また、実証実験の成果を広く共有するための情報発信も行っています。「みちびき」を利用した実証実験は2011年1月から開始しており、現在120件(延べ企業・団体数284が参加)が実施されています。

SPACの民間利用実証調整会議、高精度衛星測位サービス利用促進協議会(QBIC)、及び準天頂衛星システムサービス株式会社は、一体となり実用化QZSSに向け利用実証活動・連携を推進し、今後QZSS利用気運醸成を図ってゆきます。

準天頂衛星利用拡大に向けた取り組みについて

最後に、準天頂衛星システムサービス株式会社の利用拡大に向けた取り組みについて紹介しました。

2018年度に向けた利用拡大推進計画の工程をまとめたスライド資料

●2018年までの事業計画

2016年度から2017年度に予定している衛星の打上げに向け、2016年度中に総合システム・地上システムの整備および地上局の設置を計画しています。衛星も含めたシステム全体の運用がJAXAから準天頂衛星システムサービス株式会社に移管されます。
利用拡大に向けては、(1)Webサイトやイベントなどを通した情報発信と企業訪問、アイデアソンなどを通した情報収集、(2)利用実証の推進と支援、(3)標準化の推進、(4)アジア太平洋地域への利用拡大、(5)利用実証結果の検証およびユーザ要望の吸い上げによる機能・品質向上、(6)利用技術の開発および技術支援提供の6つを柱に、PDCAサイクルを着実に回していきます。また、2014年度から準天頂衛星システムサービス株式会社でも実証実験の公募と実施を行い、2017年度からは4機体制での実証実験を行います。

準天頂衛星システム利用者会(QSUS)の設立を説明するスライド

●準天頂衛星システム利用者会の設立

サービス提供者、製品提供者、利用者、研究者など、QZSSに関係するすべての人が集い、情報交換をする場として準天頂衛星システム利用者会(QZS System User Society: QSUS)を設立します。入会金や年会費は不要で誰でも参加できます。
会員になると、一般公開に先がけた情報入手、各種イベント参加、準天頂衛星システムサービス株式会社が募集する実証実験に応募して支援を受けられるなどの利点があります。入会申し込みはWebサイトで行えます。

「準天頂衛星システムを利用した実証実験の支援体制」を説明するスライド資料

●準天頂衛星システムを利用した実証実験

QZSSの利便性・効果等についての啓発活動やさまざまな利用シーンでの課題の見極めと開発を目的とした実証実験への参加者を広く募ります。参加者は、QSUSに入会していただく必要があります。
実証実験テーマは公募形式とし、準天頂衛星システムサービス株式会社で選定します。

「ユーザインタフェース仕様書の構成」を説明するスライド資料

●インタフェース仕様書

QZSSのインタフェース仕様書は、準天頂衛星システムに対応した受信機チップや受信機、アプリケーションの開発に必要な技術情報を提供することを目的に公開します。
QZSSの性能や信頼性などの情報を記載した「準天頂衛星システムサービス パフォーマンススタンダード(PS-QZSS)」と、準天頂衛星と受信機間のインタフェース仕様やサービス仕様などの技術情報を記載した「準天頂衛星システムサービス ユーザインタフェース仕様書(IS-QZSS)」に分かれています。

●アプリコンテスト開催

QZSSの認知度向上と利用者拡大、新たな利用方法の創造を目的としてQZSSを利用した測位に関するAndroidアプリケーションのコンテストを開催します。参加者は、アプリストアでのダウンロード数を競います。概要とスケジュールはWebサイトにて発表予定です。

●準天頂衛星システム利用拡大アイデアソン報告

2013年12月に「アイデアソン」を開催しました。アイデアソンとは「アイデア」と「マラソン」を合わせた造語で、テーマを決め、グループ単位でアイデアを出し合ってまとめていくイベントです。7チームから多様な活用アイデアが創出されました。創出されたアイデアの中から実証実験につながるものは、QSUS会員向けに公開して参加者を公募します。

準天頂衛星システムロゴについてデザインを説明するスライド

●準天頂衛星システムロゴについて

準天頂衛星システムのロゴを公開しました。ロゴは、QZSSの「Q」をイメージしたものです。
今後、準天頂衛星システム対応製品・サービスであることを示すために利用していただきます。

閉会挨拶

最後に準天頂衛星システムサービス会社 主幹 村井善幸が登壇し、初めて開催したシンポジウムに多くの方が集まっていただいたことに謝辞を述べたあと、「準天頂衛星システムの成否は、使っていただく方に準天頂衛星の信号でこんなことができたと評価していただくことで判断される。私たちも、モノづくりだけでなく、利用拡大に向けて頑張っていきたい。今日はそのためのスタートにする。」と決意を表明して閉会しました。