コンテンツです

[告知] 箱根エリアで観光をキーワードとした実証実験を実施

2015年03月06日

準天頂衛星システムサービス株式会社(代表取締役社長:伊藤 康弘、本社:東京都府中市)は、観光事業におけるみちびきの利用拡大に向けた実証実験を箱根エリアで、本日実施します。今回の実証実験では、外国人観光客にも人気の観光地の箱根で効率的に各観光ポイントを回遊いただくための周遊バスの運行、並びにスマートフォンやタブレットなどのパーソナルデバイスに提供する情報の効果について調査します。

1. 実施日時

2015年3月6日(金)および13日(金)(それぞれ80名募集)
箱根町での実証実験の実施時間:10時00分~17時00分
※13日(金)につきましては、一般の方もご参加いただけます。ご興味ある方は、詳細情報についてお知らせしますので、下記の問い合わせ先までご一報ください。

2. 実証実験の内容

・みちびきで測位可能な受信機を搭載した専用周遊バスを運行。山間部である箱根エリアの位置情報取得状況を検証。
・専用周遊バスの位置情報を参加者に提供し、新たな路線開拓等の可能性を検証。
・伊豆箱根鉄道株式会社で実証実験を行ったロケーション連動型情報配信サービス(得ッパコ)を箱根エリアに横展開すると共に新たな機能を追加し、参加者に対して情報発信(割引クーポンやスタンプラリー等)を実施。

3. 実証実験の全体イメージ

実証実験の全体イメージ

4. 参加企業

参加企業 主な役割
伊豆箱根バス株式会社  バスの運行に必要な機材・要員の確保。衛星測位による位置情報を把握できる機材の仮設・搭載。箱根町より提供を受けたコンテンツの「得ッパコ」への展開。
近畿日本ツーリスト株式会社 首都圏及び小田原エリアから箱根へのバスを利用したツアーの企画、実施。
NECネッツエスアイ株式会社 ロケーション連動型情報配信サービス「得ッパコ」のサービス基盤となるPlusZone(音波通信、電子スタンプ機能を追加)の提供。(バス位置情報把握システムとの連携)
NECネクサソリューションズ株式会社 衛星測位を使ったバスの位置情報把握システム(SaaS型)の提供。
一般財団法人衛星測位利用推進センター 実証実験全体の支援、信号配信管理。
準天頂衛星システムサービス株式会社 実証実験全体の管理、衛星測位結果の評価。「観光とバスの位置情報」におけるみちびきの活用シーンの有効性を検証。

5. 今後の計画

・みちびきが日中、天頂付近に位置する2015年秋口以降に、次回の実験を実施予定。
・今回の「得ッパコ」の情報は、無償で次回の実証実験まで利用可能。
・次回の実証実験では、2020年を視野に入れた外国人観光客の誘致、みちびきから配信する「災害危機管理通報」の外国人の避難誘導への活用などを計画。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>