コンテンツです

[採択結果] 2021年度 みちびきを利用した実証事業公募

2021年08月26日
2021年4月12日から5月28日にかけて公募した「みちびきを利用した実証事業」について、次の計7件(事業化推進枠5件、基礎実証枠2件)が採択されました(各枠それぞれ五十音順に掲載)。
今後、採択された事業者は実証事業を速やかに開始し、今年度末まで事業を行い、翌年度当初に実証結果を公表する予定です。実証結果は順次、本サイトに掲載予定です。
 
過去に実施した実証事業については、下記ページで紹介しております。

 

No. 実証事業名 提案事業者名(代表事業者)
事業化推進枠
1 衛星測位補強サービスCLAS、SLASを用いた視覚障がい者及び車いす利用者向け介助サービス事業 株式会社Ashirase
2 みちびき×ブロックチェーンを用いた配達員保険システム 株式会社シーエーシー
3 準天頂衛星「みちびき」を利用した東京湾縦断飛行時の高精度な経路追従飛行・編隊飛行および着陸システムの開発 一般財団法人先端ロボティクス財団
4 みちびき対応cm級受信機とスレーブRTKによる姿勢角検出実証実験と制御系への適用 マゼランシステムズジャパン株式会社
5 みちびきを利用した電動キックボードサービスの走行位置把握実証 株式会社Luup
基礎実証枠
1 情報化施工に向けたGNSS基準点及び精密測位に関するみちびき利用の基礎実証 東京海洋大学
2 みちびきとMarhy 3D Map(機械可読高精度三次元地図)のコラボレーションによる自動運転の基礎的実証事業 独立行政法人国立高等専門学校機構
福島工業高等専門学校
以上

関連記事