コンテンツです

衛星安否確認サービス(Q-ANPI)の防災機能拡張に伴う実証・調査事業の公募結果について(第2回)

2021年02月17日

内閣府は平成30年11月より準天頂衛星システム「みちびき」の衛星安否確認サービス(Q-ANPI)の運用を開始しました。これに伴い、サービスに必要な機材を自治体へ貸出して試行的導入を推進してきました。この度Q-ANPIの更なる利用促進を目指して、防災機能拡張による実証・調査事業を実施します。

本事業実施にあたり、昨年12月7日~2月5日の間、今年度2回目となる公募を実施し、その結果、2自治体及び7団体(端末合計45台)に対して、拡張機能を備えた通信端末の提供を行いサービスの実証・調査を実施していただくことに決定しました。

詳細は、下記の内閣府ホームページにて確認いただけます。

以上