コンテンツです

ソニーセミコンダクタソリューションズ「CXD5610GF」(GNSS受信モジュール)

2020年10月01日
CXD5610GFとCXD5610GGの製品画像

CXD5610GF(左)と、パッケージサイズの異なるCXD5610GG(右)

  • 製品名:CXD5610GF
  • メーカー:ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
  • 対応信号:L1C/A(衛星測位サービス)、L1S(サブメータ級測位補強サービス、災害・危機管理通報サービス*)、L5(衛星測位サービス)*データ出力のみ対応
  • 発売年月:2020年9月
  • 製品概要:みちびきのL1S信号(サブメータ級測位補強サービス)にも対応した超小型のGNSS測位チップです。L1帯とL5帯という異なる周波数帯の信号に対応しており、みちびき、GPS、GLONASS、BeiDou、ガリレオ、NavICの6つの衛星測位システムが利用可能です。IoT機器やウェアラブル機器での利用を想定した3.2×3.7×0.5mmのチップサイズに、独自開発の高周波アナログ回路とデジタル信号処理回路が埋め込まれており、2周波受信時でも9mWという超低消費電力を実現しています。パッケージサイズの異なる「CXD5610GG」(7.0×8.0×1.4mm)も同時発表されました。
  • メーカーサイト:

画像提供:ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社